黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

酒通信 シングルモルトのブリゴーニュ

 前回の記事にこう書いた。

1824年に、この島(アラン島)を訪れた。

 地質学者「ジョン・マッカロック」氏は、

「密造酒界のブルゴーニュ」と称えたと言う、

 

 

ブルゴーニュ・・・

今回は、キーワードを連鎖させて、

ニューボトルを入荷させた。

実は、シングルモルト界に、

 

 

このブルゴーニュは存在する。

「ハイランドの女王」と、

呼ばれる。

「タリバーディン」である。

 

 

1949年、パース州ブラックフォード村で、

生産を始めたが、これが意外で、

1900年以降にスコットランドで、

新設された最初の蒸留所なのだ。

 

 

余談だが、アラン蒸留所のお祝いに、

駆け付けた俳優ユアン・マクレガー」は、

このパースレパートリー・シアターで、

初舞台を踏む、

 

 

そして、この「タリバーディン」蒸留所だが、

売却、買収が何度かされるのだが、

2011年、ブルゴーニュの著名な、

家族経営のワイン商「メゾン・ミッシェル・ピカール

 

 

と、言う新オーナーを迎える事により、

コアなカスクを発売する。

「225ソーテルヌ」

「500シェリー」

 

 

そして、その名も「ブルゴーニュ」

「228ブルゴーニュ」

頭の数字は樽のリッターである。

その中から今回は、

 

 

「500シェリー」

極甘品種で知られる「ペドロヒメニス」

の逸品、

まずは、手始めに!

 

 

f:id:BARin:20170215194527j:plain

 「ハイランドの女王」は如何ですか?

 

 ↓ 読んだらクリックお願いします!

 にほんブログ村 酒ブログ バーへ

にほんブログ村