黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

酒通信 ハルの夢 

スコットランドには100を越える

蒸留所がある。

長年、ウイスキーに携わって来た。

そうなると、その中に数本、

 

 

特別な思い入れがある。

ウイスキーがある。

その中の一本、

スコットランドはクライド湾で、

 

 

最大の島である「アラン島」

かつて、ここで造られるウイスキーは、

品質、評判も高く、

1824年に、この島を訪れた。

 

 

地質学者「ジョン・マッカロック」氏は、

「密造酒界のブルゴーニュ」と称えたと言う、

しかし、1873年、

この島、最後の蒸留所は消え、

 

 

150年の時は流れた。

その「アラン島」に、

一人の男が現れた。

シーグラム」や「ペルノー」で、

 

 

マネージング・ディレクターを歴任した。

「ハル」こと、

「ハロルド・カリー」

彼には夢があった。

 

 

それは、自分の蒸留所を持つことだった。

「ハル」は友人の、

建築家「デビッド・ハッチソン」と、

共に、この壮大な夢の実現に向かい、

 

 

歩き始めた・・・

        つづく・・・

 

↓ 読んだらクリックお願いします!

 にほんブログ村 酒ブログ バーへ

にほんブログ村