黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

おもてなし・・・

この町の若い経営者話した。

当店もそうだが、

なかなか苦戦しているようだ。

それは、そうだろう、

 

 

この町の人口は減少をしているのに、

逆に店が増えたら、

お客さんの取り合いになる。

ならば、他からお客さんを呼べば良いのだが、

 

 

そうするには、何か特色や、

クオリティーを高めなければ、

安いだけの店では、他の町にも沢山ある。

そして、何より、

 

 

おもてなしの心が無ければ、

数ある町から、この「大正区」を、

選んで頂いているのだから、

川に挟まれているからか、

 

何故か、この町には閉鎖的な空気を感じる。

しかし、今やインターネットの普及で、

瞬時に世界に発信出来る時代、

そういう空気がある事が、

 

逆に不思議なのだが、

そんな話をしていた。

そういう私も、年末に少し戸惑った。

外国人観光客の多さに、

 

 

繁華街では中国人の人達で溢れているが、

私の店に来た方々は、

国籍は様々、

オーストラリア、スウェーデンノルウェー

 

 

ブラジル、スリカンカ、アメリカ、

いや、書き出したらキリが無いのだが、

しかし、中国人のマナーが問題になっているが、

皆、礼儀正しく、日本をリスペクトしている。

 

 

そうなると、私の英語力では・・・

まあ、スマホの翻訳機能フル活用なのだが、

BARは世界共通、

海外でBARと言えば、

 

 

日本の居酒屋のようなもので、

普通にカクテルをオーダーしてくる。

まあ、当たり前なのだが、

BARと看板を上げている以上、

 

 

ありません、出来ませんでは、

話しにならない、いや失礼だ。

そんなに難しいカクテルは通らないので、

ある程度出来れば十分なのだが、

 

 

困るのは、IBAレシピ、

国際バーテンダー協会のレシピと、

NBA,日本バーテンダー協会のレシピ、

これが違う、海外の方は、

 

 

濃厚なカクテルを好む、

逆に日本人は繊細な味を好む、

ので、私はややIBAに近いレシピでお作りしている。

のだが、まあ、お世辞かは解らないが、

 

 

美味しいと言う言葉を良く貰っているので、

良いのだろう、と、自分は納得している。

しかし、来られる数が多い、

たまたま、外国人同士が出会うと、

 

 

店の中が、英語だらけになり、

そうなると、全く付いて行けない、

ポツンとなる。情けない・・・

で、何か無いかと色々と考え、

 

 

探し出した・・・

      つづく・・・

 

 

 

↓ 読んだらクリックお願いします!

 にほんブログ村 酒ブログ バーへ

にほんブログ村