読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

ラーメン屋さん

相変わらず、言われる。

「お勧めは?」

いやいや、毎日、ウイスキーを飲む人、

焼酎しか飲まない人、

 

 

人それぞれ、

初めて来た人の好みと、生活と、育った環境は、

解らなくて当然、色んな方が居るので、

故に、酒の種類は豊富になる。

 

 

一人、一人にお勧めは違う、

「お任せで!」

いやいや、甘いのが嫌いな人に、

甘い物を出せば怒るだろう、

 

 

当店でも、数百円から、

数千円、一万円、

勿論、一杯なのだが、

お任せと言うなら、何を出しても問題無いはずだが、

 

 

一杯数千円なら、怒るだろう、

一番強敵が「美味しいの下さい!」

基本、美味しくない物は並べない、

が、何を美味しいと思うのか、

 

 

人それぞれ、

その人、その人のレベルに合わせ、

その人が美味しいと思うのを選ぶのが、

私の仕事なのだが、

 

 

これは、多分「ラーメン屋」さん等と、

間違えているのだろう、

その店の店主が研究し、

この味だ!と、自信を持ち出して来るが。

 

 

が、BARでは色々と研究し、

試行錯誤し、完成した例えば「ジントニック

で、あろうとも、使用するジンに好みがあり、

私がビーフィーターで作るとしても、

 

 

タンカレーでお願いします!」

と、言われれば、

「かしこまりました!」となる。

それは、どこのBARでも同じだろう、

 

 

BARでは、お客様のレシピが最優先なのだ。

それは、個人、個人を大事にしている。

それが、どうも伝わらない、

大阪人のセッカチな所、

 

 

と、「お任せ」や「お勧め」と言うのが、

どうも「通」のように、

勘違いしている。

その言葉が出た時点で、

 

 

BARでは「通」では無いのは、

明らかである。

初めての人に好みをズバリ当てるのは無理だろう、

が、これが常連氏になると、

 

 

ほぼ、長年のお付き合いで傾向を把握している。

酒量も予算も解っている。

そういう方が「何かありますか?」

と、言われれば、

 

 

「こちらが入っていますよ!」

「では、それをお願いします!」

と、なる。あくまでスマートだ。

まずは、カクテルなのか?

 

 

ウイスキーなのか?

甘いのか?

辛いのか?

この辛いが又、厄介で、

 

 

まあ、下町でBARもカクテルも初めての人も多い、

よく「辛くない!」と、言われ、

目が点になった。

この「辛い」なのだが、

 

 

唐辛子のような辛さと勘違いしている。

お酒の「辛い」はドライと言う事なのだが、

初心者に伝えるのは難しい、

何を言ってもポカンとなっている。

 

 

又、最近は「ハイボール」と言う、

一つの飲み物だと思っている方も多い、

これは水割りと同じで、

「~の水割り」と同じくスタイルの事なので、

 

 

基本、その店にあるウイスキーは全て、

ハイボール」に出来る。

正確には「~のハイボール」と言う事だが、

これも説明しても伝わらない、

 

 

仕方が無いので、

最近は何も言わず「角ハイボール」を出している。

この「ハイボール」も、

ウイスキーを良く飲まれる方なら、濃い目、

 

 

居酒屋の「ハイボール」しか飲んで無い方には、

薄目が美味しいと思うだろう、

何故なら「飲み易い=美味しい」と思う人も多い、

しかし、沢山のウイスキーを飲まれる方は、

 

 

当然、癖の強い物を好む方が多い、

これが逆転すれば大変な事になる。

しかし、これを説明して解らないのが、

不思議だが、BARの常連氏のように、

 

 

強烈にお酒に強い人を、

知らないのだろう、

恐ろしいほど、強い人は、

この世には沢山、居るのだが、

 

 

いつも同じ人達と飲んでいたら、

確かにそれも解らないだろう、

さあBARの扉を開けて、

広い世界を体験してみては?

 

 

あくまでお酒は嗜好品、

タバコと同じ、

タバコ屋さんで、「お勧め!」「お任せ!」

「美味しいの下さい!」と言う人を聞いた事が無い・・・

 

嗜好品↓

kotobank.jp

 

 

 

 BARのマナー↓

bar.kita-shinchi.com

↓ 読んだらクリックお願いします!

 にほんブログ村 酒ブログ バーへ

にほんブログ村