黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

酒通信 シングルシングル・・・

ブログを書いても、書いてもだが・・・

信念は貫くべきで、

折れたら終わりだ。

その信念を貫いた男が居た。

 

「ミッシェル・クーヴレー」

大昔、ウイスキーに使用されたいた。

麦がある「ベレ種」

その麦は生産性が低く、

 

 

造る者も居なくなった。

その麦を復活させた男、

それが「ミッシェル・クーヴレー」

そして、その「ベレ種」をオークニー諸島で栽培、

 

 

ハイランドパーク蒸留所で、

フロアモルティング、

バルベニー蒸留所で蒸留し、

世に放った伝説の銘酒が、

 

 

「シングル・シングル・ベレ・バーレイ」

人気コミック「レモンハート」第15巻でも、

取り上げられた。壮大な物語、

その当時は情報も少なく、

 

 

専門店で売られたいたので、

何気なく買った。

が、印象としては朴訥としか記憶に無いのだが、

今となれば、なんと凄いウイスキーなのだ。

 

 

今、飲めばもう少し解るのだろうが、

ウイスキーは経験値、

経験値が高くなれれば、

値打ちは解らない、その象徴のような話だ。

 

 

これが、なかなかに伝わらない、

高いお酒は美味い、

では無い、あなた自身に経験値が無ければ、

猫に小判なのだが、それを言うと怒鳴られるだけ・・・

 

 

そしてその「ミッシェル・クーヴレー」の・・・

          つづく・・・

 

 

 

 ↓ 読んだらクリックお願いします!

 にほんブログ村 酒ブログ バーへ

にほんブログ村