読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

まっすぐ・・・

井伊直弼」の事に、

少し触れた。

物の考え方の違い、

あの時代、いや、今もそうだろうが、

 

 

考え方の違いはある。

しかし、誰も悪くなれと、

思ってはいないと思う、

終着駅は同じだと思う、

 

 

しかし、自分たちの損得だけを、

語る人は多い、

そういう人達には、

町や、国と言った大きな物は解らないだろう、

 

 

良く、この町を良くしたいと、

言う人は多いが、

では、どうする?

と、言っても答えは無い、

 

 

まあ、そんなものなのだが、

そして方法も色々とあり、

選択肢は様々だ。

私は常に、よそからの人を招くべきだと思う、

 

 

人口がどんどん減少している。

この町、特に20代~30代の女性が、

減っている。

安い、安いだけでは喜ばない人も、

 

 

世の中には多い、

そして、ガラが悪くては、来てもらえない、

「おもてなし」の心、

と、よそから来る人は、

 

 

よくご存じな方も多い、

故にレベルを上げないと、

振り向いては貰えない、

安い、安いは安いだけかも知れない、

 

 

そう考えると当店もまだまだ、

発展途上にある。

よく、よその町から尋ねられた方に言われる。

何故、ここでやっているのか?と、

 

 

それは、私の町だから、

馬鹿にされたくないから、

頑張っている。

しかし、この町の人には良くは言われない、

 

が、私はBARとして、

常にど真ん中に投げ込んでいる。

それを打ち返してくれれば良いだけなのだが、

それには飲み手の方の知識が無ければ、

 

 

難しいだろう、

カクテルの一つ、

ウイスキーの銘柄の一つ、

ただ、それだけでも覚えて頂きたかったのだが、

 

 

怒鳴るだけ・・・

臭い物に蓋をするのでは無く、

臭い物から匂いを取らないと、

よそからの人は来なくなり、

 

 

又、この町に住む人も、

少なくなるだろう、

レベルを上げ、

よそからの人を招き、

 

 

人口を増やす、

それを私は自分の出来る範疇で頑張っている。

BARは文化、

その言葉の意味を一人でも理解して頂けるように、

 

 

年配の方々はなかなかに手強い、

なら、この「大正区」を想う、

次世代の若者達に、

思いを託そう、

 

 

まずは、よその町が何をしているか、

どうなっているか、

見て来て欲しい、

この町が全てでは無い、

 

 

今年一年も、

ただただまっすぐに投げて来た。

それが解らない人とは、

摩擦も起きる。

 

 

しかし、まっすぐ投げる事、

潔く、決して間違った事はしていないのだから、

だから、まっすぐ、

まっすぐ、ど真ん中に投げ続けたい、

 

 

BARとしての本道を進みたい、

ただそれだけだ・・・

私の思う活性「町おこし」とは、

よそから人を呼ぶ事、

 

 

自分たちが歌って踊って楽しいのは、

「村祭り」

物の考え方、方向性の違いで、

人は、悪にも善にもなる。

 

 

今年も沢山の人に読んで頂き、

ありがとうございました。

では!良いお年を!

バーテンダー 坂本雅央

 

 

↓ 読んだらクリックお願いします!

 にほんブログ村 酒ブログ バーへ

にほんブログ村