黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

君死にたもうことなかれ・・・

文豪ストレイドッグス」と言うアニメの事を書いた。

もう、おじさん、おばさんには解らない世界だろう、

解らないなら、そのままで・・・

その中のキャラクターに「与謝野晶子」が居る。

 

 

能力は治癒系、

技の名は「君死にたもうことなかれ」

アニメの作中では、こう書くのだが「君死給勿」

まあ、それは良いのだが、

 

 

この「与謝野晶子」の名作、

「君死にたもうことなかれ」

なのだが、

完全に死を前提に書かれている。

 

 

私は「与謝野晶子」には詳しくは無い、

歴史も幕末までで、

日清、日露も左程知らないのだが、

この詩には少し疑問がある。

 

 

これは、弟に対する詩で、

舞台は日露戦争なのだが、

この時の日本は行け行け!

ムードだったはず、

 

 

反戦詩と言えばそれまでなのだが、

それと、この詩に書かれている。

弟は無事生還している。

日露戦争に対して、

 

 

当時の日本に死を前提とするような、

悲壮感があっただろうか?

と、考えた。

これは、あくまで私の意見だが、

 

 

この詩の作中にも書いているが、

「堺の街のあきびとの」

そう「与謝野晶子」の生家は堺、

 

堺と言えば・・・

聡明なあたなには、

気付かれましたか?

     つづく・・・

 

 

↓ 読んだらクリックお願いします!

 にほんブログ村 酒ブログ バーへ

にほんブログ村