読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

新たなる刺客・・・1

深夜零時を過ぎたら、

妙な人が現れるこの町、

年に何人かは来る。

ゴミ箱から漁って来た。

 

 

空瓶を振り回しながら入って来たり、

意味不明の言葉を発しながら、

入口で奇声を上げる。

「俺は魔女が嫌いだ!」

 

 

もう、私の管轄では無い、

これはブログなので、

全ては書いていないが、

それは、それは恐ろしい毎日だ。

 

 

又、いつ来るか?

不安を抱え、仕事をしている。

そして、新たなる刺客が現れた。

一体、どこの店が送り込んで来るのか、

 

 

まあ、実は解っているのだが、

これはブログなので・・・

そして男は入口に立ち、

叫び始めた。

 

 

「お前はホモか!ホモか!」

丸坊主で、小汚い服を着ていた。

その後も意味不明の言葉を口走っている。

「俺は風俗に行くんや!」

 

 

しかし、こういう輩は、

飲食店の人が反撃して来ないと、

鷹を括っているが、

店が悪かったようだ。

 

 

「こら!表出ろ!」

と、入口にあった傘を持って、

飛び出した。

案の定、怯み、後ずさりして行く、

 

 

こういう人間が客になっても、

なんのメリットも無いのだが、

それでもお金だと入れる店も、

多い事は確かだが、

 

 

それもその店の商売なので否定はしない、

が、こういう人間がウヨウヨ居ては、

よそからの人は来なくなる。

損して得取れと言う言葉もある。

 

 

後ずさりする馬鹿を、どんどん追い詰めてやった。

すると急に、

「すいません!すいません!」

と、謝り出した。

 

 

大声で怒鳴り、傘を振り回し、

もっと追い詰めてやると、

「お、お前恐いな・・・」

「・・・・」

 

 

 

恐いのはお前じゃ!

 

 

  ↓ 読んだらクリックお願いします!

 にほんブログ村 酒ブログ バーへ

にほんブログ村