黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

永遠の矢吹ジョー

穂積!穂積!

実に良い、男らしい、

正に武士道、

負けたら引退を背負って、

 

長谷川穂積がリングに上がった。

全盛期の彼は強過ぎて、

私はあまり印象がなかった。

やはり、私達の時代は、

 

あしたのジョー

矢吹ジョー

肉を切らせて骨を断つ、

まあ、それがボクシングだと、

 

刷り込まれたような気もする。

しかし、引退を掛けた試合の後半、

強烈なパンチをくらう、

あ、足がもつれている。

 

 

そしてロープへ、

絶体絶命!

チャンピオンの猛攻、

たじろぐ穂積、

 

 

大歓声が上がった!

その一人、一人の声が、

まぎれもなく穂積に力を与えた。

復活!穂積のラッシュ!ラッシュ!

 

 

ロープを背に、

正に背水の陣、

しかし、背水の陣とは実は生き残る事、

行け!ジョー

 

 

凄い試合だった・・・

が、最も称賛すべきは、

終わってからの穂積の態度だ。

見習うべきはここにある。

 

 

すかさず、チャンピオンの元に駆け寄り、

インタビューでは、まず挑戦を受けてくれた事に感謝、

そして、これはチーム戦だと言った。

チームの勝利だと、

 

 

勿論、応援してくれた方々にも、

そうだ!勘違いしてはいけない、

たった一人では、ここに上がれない、

まずは、戦ってくれる方、

 

 

支えてくれる方、

応援してくれる方がいるから、

この勝利がある。

素晴らしい、実に勉強になる。

 

 

いや、まあ、おめでとうございます!

長谷川穂積、いや髪型の違う、

矢吹ジョー

しかし、対戦した方が似ている。

 

 

そう身長の高いこの人に・・・


力石徹のテーマ

 

 

 ↓ 読んだらクリックお願いします!

 にほんブログ村 酒ブログ バーへ

にほんブログ村