黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

酒通信 ベンロマック

母なる川「スペイ川」

f:id:BARin:20160911131314j:plain

その「スペイ川」の流れる地区を、

「スペイサイド」と言い、

名だたる銘酒を生み出す。

 

スコットランドの、

シングルモルトウイスキーのメッカである。

そのスペイサイドで最も小さな蒸留所、

それが「ベンロマック」

f:id:BARin:20160911131511j:plain

 

100年近い歴史がありながら、

オフィシャルボトルがほとんど発売されず、

その実力は闇の中だったのだが、

独立瓶詰業者、

 

インディペンデント・ボトラーズの老舗、

ゴードン&マクファイル社、G&M社と呼ばれる。

そのG&M社が念願であったベンロマック蒸留所を、

1993年に手に入れ、

 

5年の歳月を掛け、

立て直した。

その時、記念に開封した樽が、

これだ!と、思う・・・

f:id:BARin:20160911134703j:plain

この樽を開封したのは、

シングルモルトウイスキー愛好家、

チャールズ皇太子である。

そのベンロマック蒸留所に行かなければ、

 

 

手に入れれない一本がここにある。

大阪は大正区、尻無川の前の、

小さなBAR  BARinベンロマックシングルカスク

f:id:BARin:20160828233312j:plain

 

 

色んな事を理解し、

飲む一杯、これが文化なのだ。

何でも良い、酔えたら良い、

そして飲んだら、女、女、男、男、

 

 

いい加減にしろ!

馬鹿!(爆笑!)

 

 

 ↓ 読んだらクリックお願いします!

 にほんブログ村 酒ブログ バーへ

にほんブログ村