読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

現代考 6

馬鹿な事をした息子の為に、

母親がTVで謝っていた。

どうも腑に落ちない、

が、しかし馬鹿な大人が多い事も確かだ。

 

 

数年前、あまりにも酷い店の状況に、

まあ、これは、ブログなので、

当たり前だが、全ては書いていない、

まあ、書いたところで信用してもらえないだろうが、

 

 

で、一度警察に相談した事がある。

その時、録音か、録画をして、

と、言われた事がある。

なるほど・・・

 

 

と、考えていたら、

ある共通項が浮かんだ。

この町の人は、他にお客さんが居ると、

静かなのだが、私一人になると、

 

 

「暴れるぞ!」「店壊すぞ!」が、

始まる。完全なる脅迫なのだが、

どうも、この町は、酔えば何をしてもいいように思っているようだが、

新聞、ニュースを見ていないのか?

 

 

酔って暴行、逮捕!

酔って痴漢、逮捕!

酔っている、酔っていないに関わらず、

逮捕されるのだ。日本は法治国家だから、

 

 

で、私一人になると、

暴れるおばはんが居た。

もう、因縁の付け方も無茶苦茶で、

「お前は偽者やろ、本物を出せ!」

 

 

圧巻はブルーチーズが臭いとキレた・・・

そんな事で一時間以上絡んで来る。

さらに、自分で金額を決め、

1000円札を投げつけて来る。

 

 

もう、手には負えない、

来ないでくれと言っているのだが、

少し前になるが、又、現れた。

警察の言葉を思い出し、

 

 

まさかと思ったが、

スマホを取り出し、

怒鳴るおばはんに、

「すいませんが、警察に言われてますので、

 

その迷惑行為を録画しますね!」

と、言うと、いきなり背筋が伸び、

鞄を持った。

と、途端に席を立ち、

 

帰ろうとするので、

「待って下さい!続けて下さい!」

と、スマホを片手に追いかけた。

「いや、わたしはそんなんちゃうから」

 

 

言葉もいきなり優しくなった。

逃げるおばはん、

追いかける私、

「待って下さい!録画してますから!」

 

 

早足のおばはん、

追いかける私、するといきなり振り返り、

可愛い顔でピースしている。

な、なんだ??

 

 

どんどん遠ざかるおばはん、

やはり、証拠が残るのが、恐いのか、

いや、文明の利器が恐いのか、

それではまるで未開の原住民で、

 

 

私は皆既日食を利用した。

コロンブスではないか・・・

もう一人、生活保護のおばはんが、

お金が入るとやって来るのだが、

 

言う事がよく解らない、

「マスター、安倍総理から電話ありました?」

なんの話だ?

その人も、何度も来ないでくれと、

 

 

言っているのだが、来る。

先日、又現れたのだが、

帽子を被り、サングラスをし、

マスクをして「いいですか?」と、

 

 

声も変えていた。やられた・・・

で、案の定、意味不明の会話、

「もう、いいでしょう、帰って下さい」

と、なる・・・

 

 

ここで、問題なのが、

こういう事を言うと、

私が「大正区」を馬鹿にしているとなるが、

悪いが馬鹿か?私が被害者なのだ。

 

 

私は健全にBARと言う店を、

経営しているだけだ。

こんな人ばかり来るから、

若い人もすぐに辞めて行く、

 

 

完全なる被害者である事は明らかなのだが、

何故、私が馬鹿にしている事になるのか?

不思議な町だ「大正区

そして、又新手が現れた。

 

 

子供が居ると言うおばはん、

真夜中に現れ、

その時、たまたま居合わせた。

初めて来たよその町の若い方が二人、

 

おばはんは、ジロジロ見てる。

男性二人が、彼女の話をしていると、

いきなり絡んだおばはん!

「あんたら!中〇ししてるか?」

 

 

初めて会った人に、初めて掛ける言葉ではない、

あまりに酷くなったので、

「すいませんが、スマホで録画しますよ!」

と、言うと、静かになった。

 

暫くして何か気づいたようだ。

大声で「お前、盗撮やろ!」

と、叫んだ。

盗撮とは黙って撮ることで、

 

 

私は撮りますよと、言ったのだが、

残念だが、大声で恥を晒しただけだった・・・

暫くして、若い男性客が帰ると言うと、

おばはんも、帰る、帰ると慌てている。

 

まずいな・・・と、思い、

そのおばはんの会計を遅らせた。

慌てるおばはん、

後日、その時の若い男性客の一人が来た。

 

「マスター、この前のおばさんが、

後ろから凄い勢いで走って来て、

もう一軒、飲みに行こう、飲みに行こうと、

ひつこくて困りましたよ」

 

や、やっぱり・・・

仕方ないから、四足で来ましたか?

いや、二足で走ってました。

と、笑いでごまかした・・・

 

これで良いのか?

大正区」??

そして、こういう親達に育てられたら、

子供はどうなるか・・・

 

この町だけでは無い、

ホテルの偽装メニュー、

車メーカーのデーター改ざん、

政務活動費のネコババ

 

この、市議府議、県議等の問題は、

号泣議員の問題後、次々と発覚している。

それを考えるとあの号泣議員は、

ある意味世の中を変えたのかも知れない、

 

 

世の中はルール違反で溢れている。

昨年暮れから、今年の初めに掛けて、

この町の飲食店に、税務署からお尋ねがあった。

多くの店が、追徴金を取られたと、

 

 

すると、この町の人が、

あの店は入られて、取られた。

可哀想に・・・

と、話していた。

 

おいおい、おかしな話しでは無いか、

可哀想に?

違反は、違反だ。

私の店にも税務署の方が来たが、

 

 

私は一銭も払わず済んだ。

そうなると、上手い事やりあがったと、

言われている。

まあ、こんな大人で溢れていたら、

 

若者が何をしょうが、

何も言えないだろう、

あなたも、あなたも、

そうではないですか?

 

又、若者の犯罪は起こるだろう、

それは、注意出来る大人が少ないからだと、

私は思う、

お前が言うなと、言う事だ。

 

 

まあ、私もそうなのだろうが・・・

 

 

若者の迷走は、

大人の暴走から・・・

と、言う言葉で終わっておこう、

 

 

   ↓ 読んだらクリックお願いします!

 にほんブログ村 酒ブログ バーへ

にほんブログ村