読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

ドラゴンの戦士

まあ、下町の片田舎なので、

噂話が多い、

どうも、私の事が嫌なのか、

陰口、悪口の嵐、

 

 

店に来て言えば良いのに、

不思議な人達だ。

しかも全くBARを理解出来てない人達、

まあ、それはマシなのだが、

 

私に会った事の無い人が、

手に取るように、

私の事を話していると、

少し前に後輩のBARに行くと、

 

 

私の事を毎回話す人が居ると、

聞くとこの町の店の人のようだが、

お前誰やねん!

その人を全く知らない、

 

 

が、ベラベラと私の事を話すと、

う~ん、ファンか?

なら、サインでもあげなくては、

仕方ないサインの練習をしよう!

 

いや、別にいいか・・・

まあ、誰かが初めに、

少しの事を、大袈裟に話す。

聞いた人が、次の人にそれ以上、

 

 

もっと大袈裟に話す。

そして次、次、

もうそうなると、私を知らない人だらけ、

何故、そうなるのか、

 

そういう事を話す人は、

自分が全く面白くなく、

話題も無い、

自分の話をしても、

 

 

誰も振り向かない、

なので、誰かの話になる。

な、情けない・・・

おかげで私は、

 

話が雪だるまのように、

膨れ上がり、この町では、

火を吐くドラゴンを倒した。

伝説の戦士のようになっているようだ。

 

おかげで怖がって、人は来なくなり、

野良猫がたまに覗くぐらい・・・

まあ、今まで何人いたか、

「聞いてた話と全然違う」

 

と、言った人達が、

誰に、何を聞いたのか、

面倒くさいから、

それ以上は詮索しないが、

 

興味も無い、

まあ、レベルの低い戦いだ。

他に無いのか?

カクテルの種類やクオリティーを高めるとか、

 

 

まあ、無理か・・・

この町の名物のようなものだ。

「ガセネタ戦争」

小学生か!

 

しかし「ウルトラマン

実相寺昭雄監督曰く、

好評も悪評も、

評価のうち、話にも出無くなれば、

 

 

まあ、何か言われているうちが、

華何だろう・・・

ただただ、私は昨日も、

今日も素直に生きているだけなのだが、

 

屈折した人混みに居ると、

私自身も捻じ曲げられる。

そう言う事なのだ。

大事なのは、それでもブレ無い事・・・

 

 

 


吉田拓郎 今日までそして明日から

 

 ↓ 読んだらクリックお願いします!

 にほんブログ村 酒ブログ バーへ

にほんブログ村