読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

酒通信 サナイグ&ダークコーヴ

何だか、最近はこれと、これを、

買って下さい、

う~ん、抱き合わせ商法、

まあ、それなりのお値段なら、

 

別に構わないのだが、

で、今回は、

「キルホーマン・サナイグ」と、

「アードベック・ダークコーヴ」

 

f:id:BARin:20160726202217j:plain

と、相成りました。

ダークコーブの箱の横に描かれている。

灯台が妙にいい感じなのだが、

一応当店の丸窓も灯台をイメージしているのだが、

f:id:BARin:20160726202504j:plain

 

まあ、それは良いのだが、

一応は説明しなければ、

それが仕事で、確かな事は、

アマチュア歴史研究家では無い、

 

 

「キルホーマン・サナイグ」

なのだが、4~5年のバッティングで、

バーボン樽50%、

オロロソシェリー樽50%

 

バーボン&シェリー、

黄金の法則、

いや鉄板の法則、

ほぼ外さない、

 

で「アードベッグ・ダークコーヴ」

一般市場向けなのだが、

「青い洞窟」と言う意味のようだが、

ダークシェリーと言う言葉が出て来る。

 

 

まあ、明らかにPX(ペドロヒメネス

と、ボトルを眺めていると、

聞きなれたスティクの音が、

と、共に現れたBAGS氏、

 

で、又二人きりのティスティング

「サナイグ」は、キルホーマンにしては、

少し声が小さい、

お淑やかさを感じた。

 

 

「ダークコーヴ」は、

おっと、アードベッグらしからぬ、

香りが、PXのシェリー香が、

勢いよく立ち上がる。

 

が、それはあくまで盾だ。

後ろから「俺はアードベッグだ!」

アードベッグだ!」と、

次々と襲い掛かる。

 

 

初めの香りは、

猫騙しか・・・

しかし、これ、バランスが凄い、

高性能の無人操縦カー、

 

安心感がある。

コミッティの方も飲んでみたいが、

お値段が・・・

なので、ご来店お待ちしております!

f:id:BARin:20160726202446j:plain

 

 

 ↓ 読んだらクリックお願いします!

 にほんブログ村 酒ブログ バーへ

にほんブログ村