黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

街の灯り・・・

天神祭りで「泥の河」を思い出して、

子供の時のお祭りの出来事を思い出して、

懐かしい街並みも思い出した。

昭和40年代、

 

 

私の町「大正区」は、

決して裕福とは言えない、

そんな町だった。

しかし、父も母も、

 

 

そう思わせないように、

必死に偽装してくれたのだろう、

しかし、高度成長期、

鉄鋼関係の会社の勢いが良かった時期、

 

町が変わり始めた。

映画館がそこらじゅうにあり、

ボーリング場、

レストラン等、

 

色んな店が次々と現れた。

家の近くにも、

真っ白なコック服を着た人が、

せっせと働くレストランがあった。

 

ガラス張りの確か讃岐うどんだったと思うのだが、

手打ちをする所を見せてくれていた。

夜に街の灯りが、

商店街も人、人、人、

 

 

そういう時代がこの町にもあった。

50代以上の方なら、お解りだろう、

私はその時を知っている。

故にこの町が、安い、安いだけの二束三文の町とは思わない、

 

 

色んな方達の努力で、

今はかなり豊かになっているはず、

生活保護でもそれなりに暮らせる。にも関わらず、

「まけろ!まけろ!高い!高い!」

 

 

情けない話だ・・・

自分達で、自分達の街を、

安物の街にしている。

私はそう思っていないから、

 

 

ここでこうして頑張っている。

安い物を血眼になって探さずに、

少しは良い物を味わい、

心を豊かに、私はそう思うのだが、

 

しかしその底上げをするには、

私には力不足だ。

これからの若い世代に、

その思いが少しでも伝わり、

 

若い力で押し上げて頂ける事を、

心から願う・・・

「こんな店、大正区でやってもすぐ潰れるわ!」

と、この町のおじさん何十人に言われたが、

 

当店はこの夏、16年目を迎える。

16年はすぐなのか?

誰か一人でも、謝りに来ないのか?

自分の非を認めない限り、あなたはずっとそのままなのだが・・・

 

 

爆!

 ↓ 読んだらクリックお願いします!

 にほんブログ村 酒ブログ バーへ

にほんブログ村

 


街の灯り 堺正章 UPB-0061