読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

天神祭りと泥の河

この季節、いや、天神祭りになると、

毎年のように思い出す事がある。

1980年代の映画「泥の河」

宮本輝氏原作、

 

小栗康平監督デビュー作品、

田村高廣

藤田弓子

加賀まりこ

 

 

脇役で出演していた。

芦屋雁之助さんが、

一際閃光を放っていたと、

私は思う、

 

大阪は安治川を舞台に、

廓船で暮らす、姉と弟、

そして母、

その川の袂で食堂を経営する夫婦、

 

その息子、信雄少年、

この子、私の昔の写真と、

顔も服装もそっくりなのだ。

これには流石に驚いた。

 

その信雄少年と、

廓船の喜一少年の友情を描いている。

して廓船とは、その言葉から、

想像して頂きたい・・・

 

 

私は安治川の下流の方かと、

想像していたが、

かなり上流のようである。

最近になって知ったのだが、

 

 

数年前にその「泥の河」の碑を見に行った。

その「泥の河」のワンシーンなのだが、

食堂の息子、喜一が、

天神祭りに行くが、

 

貰ったお金を落としてしまう、

それを励まそうと、

信雄が大事にしていた蟹に火を付けて見せる。

モノクロ作品なので、

 

その炎が実に幻想的な雰囲気を醸し出す。

その天神祭りのシーンが、

天神祭り、夏祭りの掛け声と共に、

脳裏を横切ると思い出す。

 

 

子供の時の・・・

 

 

 

 ↓ 読んだらクリックお願いします!

 にほんブログ村 酒ブログ バーへ

にほんブログ村