黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

木津の勘助 補足 3

浪速区にある「木津の勘助」の史跡を、

少し回ったが、

我が町「大正区」には無いのか?

いや、三軒家地区の、

 

 

「上の宮八坂神社」に、

それはある。

f:id:BARin:20160712161631j:plain

 

f:id:BARin:20160712161628j:plain

 

これはかなり新しく、

昭和50年代に建てられたようだ。

f:id:BARin:20160712161654j:plain

 

神社の裏側にって・・・

これ、勝手に入ったのだが、

すいません・・・

f:id:BARin:20160712162619j:plain

 

かなり老朽化している。

f:id:BARin:20160712162658j:plain

 

のでは無く、戦争だ・・・

空襲を受け、

その時、神社は焼失している。

これは辛うじて残ったのだろう、

 

 

知る事は簡単で、知った上でどうなのか?

それが大事、これはあくまで私の意見なのだが、

若者や、子供達に見せるなら、

こちらの碑を見せるべきではないだろうか、

 

 

町の歴史も神の社も何もかも、

燃やし、傷付ける。戦争の爪痕を、

勘助さんが苦労して建てた神社を燃やした。

人を人と思わぬ、焼夷弾がここにも落ちて来た事を、

 

 

無言で物語るこのひび割れ、傷ついた碑、

しかし、この碑を見よ!アメリ・・・

今でもここに凛と立っているではないか、

まるで日本人を象徴するかのように・・・

f:id:BARin:20160712162619j:plain

 

焼野原から、立ち上がり、

これだけの豊かな国にした先人の苦労を、

知る上でも、こういう石碑は、

何物にも変えれない、

 

 

反戦反戦と叫ぶ者達は多い、

なら、何故、焼夷弾、若しくは、

機銃掃射の嵐の潜り抜けた。

こういう碑が大事なのでは?

f:id:BARin:20160712162658j:plain

 

 言葉だけの反戦なのか?

ファッション、スタイルとしての反戦なのか?

 これでは、臭い物に蓋をするではないか?

矛盾を感じざる得ない・・・

 

まあ、「お前がやれ!」と言われたら困るので、

話は変わり「大正区」の基盤となった。

「勘助島」なのだが、

その前に「姫島」と言う記述がある。

 

 

この「上八坂神社」の中に、

f:id:BARin:20160712161752j:plain

 

「姫島龍神社」と言うのがあるのだが、

これが何か関係があるのか?

と、調べたのだが、多分何か所縁があると思うが、

決定打がなかった。

f:id:BARin:20160712161759j:plain

 

「姫島」の他に「葦島」

今でも地名はあるが「難波島」等と言う、

記述も見つけたが、これ、全部あったのでは?

木津川の小島で、

 

 

これを繋ぎ合わせ、

「勘助島」となったのでは無いだろうか、

そしてそれを勘助さんが開発し、

大正区」となったと、私は思う、

 

 

今回、銅像や石碑、

色々と見てきたが、

いかに「木津の勘助」さんが、

民衆に愛されたのか、

 

 

それを強く感じた。

特に「大黒主神社」の銅像は、

国の許可を取るのにかなり苦労されたような、

記述を見つけた。

f:id:BARin:20160717161049j:plain

 

その銅像の裏側に、

その苦労された方の名前が、

刻まれていた。

ん?んん?

f:id:BARin:20160717161254j:plain

 

初代南福・・・

南福・・・

これは・・・

「南の福」と言えば、

 

 

「北の赤万」・・・

「小林佐兵衛」

「伝法の安」・・・

鳶の・・・

 

 

「木津の勘助」さんの像の、

足元である事が全ては繋がった・・・

「土佐十一烈士」

数年前に調べた幕末「堺事件」

 

 

その時、拳銃を撃ち放つ、

巨漢の男達、フランス軍に、鳶口一つで

立ち向かった恐れを知らぬ男が居た。

名を鳶の・・・

 

 

封印していた事なのだが、

やはり、書けと言う事なのか、

えらい物を、えらい所で見つけてしまった。

まあ、そのうちに・・・

 

 

barin.hatenadiary.jp

 

 

 

 ↓ 読んだらクリックお願いします!

 にほんブログ村 酒ブログ バーへ

にほんブログ村