黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

私の町と真田丸 4

遂に話す時が来たか・・・

まあ、そんな大袈裟なものでは無いのだが、

我が町「大正区」のいや大阪の英雄、

では、数百年の時を、

 

 

一気に遡ろう!

慶長19年(1614)大阪冬の陣

慶長20年(1615)大阪夏の陣

400年程前、

 

真田幸村こと真田信繁は、

後世に伝わる大活躍をするのだが、

諸説色々とあるが、夏の陣の際、

大阪は天王寺にある「安井神社」で、

 

 

石畳に腰かけている所を、

討たれる。

で、終わる・・・

いや、それからが大変な事になる。

 

 

伝承とはやはり華々しいところになるが、

実際にはその後、町は地獄と化す、

「乱坊取り」

人狩り、略奪、

 

又、偽首などで、記録によれば、

一万数千の首・・・

まあ、私も詳しく書きたくないが、

ある町民の記録がある。

 

「男、女のへだてなく老ひたるも、

みどりごも目の当たりにて刺し殺し

あるいは親を失ひ子を捕られ

夫婦の中も離ればなれになりゆくことの

哀れさその数を知らず」

 

残酷な話だ・・・

結果、どうなっただろうか?

多分、想像を絶する光景、

屍の山、山、だったと思う、

 

その屍が、我が町の横を流れる。

「木津川」に大量に流れ込んだ。

さあ、出番だ!

我らが「勘助」さん!

 

f:id:BARin:20160712165735j:plain

 

  ↓ 読んだらクリックお願いします!

 にほんブログ村 酒ブログ バーへ

にほんブログ村