読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

生きる事

夏が来た、陽が長くなり、
開店直後は、外はまだ明るく、蒸し暑い、
そんな時間に、アブサンを飲む男が、
男は生きると言う事を語っている。


その時、裏でネズミの悲鳴が、
見に行くと、子ネズミが、
完璧な姿でネズミ捕りの罠に、
人が生を語り、子ネズミは、


死に向かう、
そんな時に、人は苦笑いをする。
飼い犬が死ねば、
人は何日か、泣くだろうが、


長寿を全うし、
苦も楽も、多いに経験した。
振れ幅の大きな老人の大往生では、
人は微笑むだろう、


ただ、それだけの為に、
七転八倒、
生き長らえているような気がした。
夏の夕暮れにアブサンを飲む男と、、


と、暇な夜に店でこの下書きを書いていた。
すると扉が、そこに弟子の一人のサイちゃんが、
君は今、沖縄に居るのでは?
と、尋ねると、


爺様が亡くなり帰って来ました。
と、当店にも何度か来られた事のある。
あの元気な爺様が亡くなられたのか・・・
幾つだった?92歳でした。


大往生だな、
はい、大往生です。
・・・・
言葉には詰まるが、


人は微笑む・・・



そして爺様のご冥福を心からお祈り申し上げます。




 ↓ 読んだらクリックお願いします!

 にほんブログ村 酒ブログ バーへ

にほんブログ村