黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

酒通信 あぶさん 2

サントリーさんの和製アブサン

「ヘルメス アブサン

私も実際に見た事がある。

なので、数十年前に、

 

大々的にアブサン復活!

と、言われても何の事か、

さっぱり解らなかった。

なんで?あるのに?

 

 

現在のように情報も無く、

調べる手段もなかった。

私も数年前にやっと全てが解ったのだが、

では「太宰治」の「人間失格」に登場する。

 

 

アブサンは、これか?

では無い、年代が合わない、

その「人間失格」の一節、

「飲み残した一杯のアブサン

 

自分は、その永遠に償い難いような喪失感を、

こっそりそう形容していました・・・」

と、続くのだが、

このアブサンは当時出回っていたペルノフィズ社の

 

アブサン・ペルノ・フィルズ・タラナゴ」

の可能性が高いと、専門家の方が書かれていた。

その後和製アブサンに繋がって行く、

なので日本ではアブサンと言う名の酒は存在していたのだ。

 

「ヘルメス アブサン」は68%(初代)と55%(二代目)があり、

ブラックラベルとグリーンラベルがあったようだ。

そして、三代目と続くのだが、

この三代目が不評だった。

 

 

私が若い時に飲んだのはこれだと思うのだが、

調べるとボトルの形が違うような・・・

他にも現モンデ酒造の「モロゾフ アブサン

東洋酒造の「ドルフィン アブサン

 

 

山梨県で造られていた「モンデ アブサン

旭興業の「アリス アブサン」等がある。

日本ではニガヨモギが添加物として、

認められていた。

 

それ故、日本の和製アブサンは、

代用品では無く、

ニガヨモギを原料とした。

生粋のアブサンであったと言う記述がある。

 

 

 

日本では存在し続けた。故に「あぶさん

水島新司氏原作の野球漫画の題名にもなっている。

そしてフランス等で、アブサン販売禁止後も、

パスティス系」(~のようなもの)

 

 

と、言う意味の「ペルノ」等が販売されていた。

ニガヨモギの毒性「ツヨン」を抜いて、

造られたお酒なのだが、

兎に角このアブサンは種類が多い、

 

専門のBARもあるぐらいだ。

勿論、根強い人気でファンも多く、

専門の方も多く、

私等は素人と同然、

 

当店にあるのは、

メジャーなこれ!

f:id:BARin:20160629200654j:plain

 

55%のアルコール度数の強者だが、

こちらが世界最強のアブサン

「ハプスブルグ・アブサン

ゴールドラベル

f:id:BARin:20160629201828j:plain

 

ブルーラベル、レッドラベル等あるが、

これが最強、

89.9%の壮絶なアルコール度数、

しかし、これかなり減っているのだが、

 

 

何杯かを20代の女性、二人が飲んだ・・・

時代は変わっている。

そしてビターズタイプ、

ツヨンの含有量が35PPm入っている。

 

「エクストリーム アブサン

f:id:BARin:20160629201848j:plain

 

で、アブサングラスと、

アブサントスプーンを用意し、

砂糖の上にアブサンを掛け、

f:id:BARin:20160625200633j:plain

 

火を付けると

燃える・・・

f:id:BARin:20160625200625j:plain

 

を、今夜辺り如何ですか?

と、まあ世の中は広いと言う事だ。

で、エミール・ガレアブサンを調べている

と、こんなのがあった。

 

f:id:BARin:20160630164804j:plain

 

名を「エミール・アブサン

が、これも多くの種類がある。

奥の細道は、

どこまでも続く・・・

 

 

 ↓ 読んだらクリックお願いします!

 にほんブログ村 酒ブログ バーへ

にほんブログ村