黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

酒通信 貞子VS伽椰子

巷ではこう言う映画が話題になっているようだ。

「貞子VS伽椰子」

「・・・・・・」

貞子VS伽椰子」

 

 

だから・・・

何なんだ?

と、全く興味の無い私なのだが、

先日、日本を代表する大企業の重役さんが、

 

これまた、誰もが知っている大企業の方に、

当店で接待を受けていた。

その重役さんが、

「私はバーボンが好きでね」

 

バーボン・・・

最近、あまり出なくなった。

なので、品数も少ない、

申し訳ない・・・

 

 

それでも流石に大企業の重役までなられた方だ。

「今日は大変勉強になりました。マスターありがとう」

そう、言って頭を下げて帰られた。

この町の女性が居ないと、

 

大声で怒鳴るバカ親父達とは、

大違いだ・・・

で、数日前から、

バーボンをあれこれと探している。

 

 

すると、な、何だ・・・

バーボンにも異変が、

シングルモルトウイスキーだけでは無く、

バーボンにも高値高騰の嵐が、

 

 

オールドセントニックが五万近くまで上がり、

終売品は、もう手が付けられない状態に、

しかも、新アイテムもあれこれと、

何だこれは?の連続、

 

 

これが解っている方と、

解らず、時計の針が止まっている方とでは、

天と地程の差があるだろう、

まあ、仕方ないか、

 

 

と、調べていると、

ん?何だこれは?それと、これは?

巷ではこう言う映画が話題になっている。

貞子VS伽椰子」

 

 

では便乗しよう、

ジンビームからの新アイテム

題して「悪魔VS幽霊」

f:id:BARin:20160616001408j:plain

 

左が「ジンビーム デビルズカット」

デビルズカットとは、

樽熟成の際に、年間数パーセント蒸発するウイスキーを、

「エンジェルス シェア」(天使の分け前)と、言うが、

 

逆に樽の中に残ってしまう、

ウイスキーを「デビルズカット」と言う、

それを特許を持つ、特別な製法で抽出した。

と、言うのだが、どんな味わいなのだろうか?

 

 

で、右が「ジェイコブズ ゴースト ホワイトウイスキー

流石にホワイトウイスキーと言うだけあり、

透明だ。

創業当時の1790年代のムーンシャイン(密造ウイスキー

 

を、イメージして作られたようだが、

一年だけの樽熟成のようだ。

ジェイコブズとは創業者である「ジェイコブズ ビーム」

の、名であり、ラベルにも描かれている。

 

創業者が幽霊なのか?

まあ、いいか・・・

では、悪魔と幽霊がお待ちしております!

f:id:BARin:20160616001408j:plain

  ↓ 読んだらクリックお願いします!

 にほんブログ村 酒ブログ バーへ

にほんブログ村

↓FB、ツイッターお持ちの方シェアお願いします!