読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

酒通信 ヘミングウェイのハーブ

ヘミングウェイが飲んでいた「モヒート」

f:id:BARin:20160613202418j:plain

 

キューバのハーブ「イエルナブエナ」を使用する。

潰す葉の数を少し増やしただけで、

かなり濃く、大人の味になるのだが、

ヘミングウェイ自身、かなりお酒に強かったはず、

 

 

彼の書いた短編「午後の死」

と、同じ名のカクテルがある。

自身が考案したようだが、

シャンパンに黒色火薬を入れる。

 

だ、大丈夫なのか?

現在では、黒色火薬の代わりに、

アブサンを使うのだが、

かなり強烈で、好みも分かれるだろう、

 

同じようなスタイルで、

ブラックサンブーカを使う、

「ブラックレイン」と言うカクテルがある。

個人的には好きなのだが、

 

松田優作氏の遺作「ブラックレイン」をリスペクトして、

作られたカクテルなのだが、

あの映画のロケ地にはわが町「大正区」が登場する。

ただ、それだけなのだが・・・

 

しかし「ブラックレイン」と言う映画は何度観たか、

劇中の若山富三郎氏のセリフが、

何故か、いや、解るのだが、

痛快で、長年のモヤモヤしたものが、

 

すっかり晴れたような気がした。

「ブラックレイン」=「黒い雨」

そう、教科書で学んだ井伏鱒二氏の「黒い雨」

その時の低温火傷のような、うずうずした傷が癒えたような、

 

ざまあみろ!

と、私は思ったが、

私だけではなかったのでは?

いや、ただ、まあ、そんな気がするだけなのだが・・・

 

で、この「黒い雨」が、

私の中では宮本輝氏の「泥の河」に繋がっていくのだが、

駄目だ。完全にヘミングウェイを見失っている。

そう「武器をさらば」「誰が為に鐘は鳴る」

 

 

映画化された事は勿論だが、

「誰が為に鐘は鳴る」は1978年に、

宝塚歌劇でミュージカル化され、

1990年に浜田省吾氏も同名のアルバムを発売している。

 

アーネスト・ヘミングウェイ

ノーベル文学賞を受賞しているが、

式には出席していない、

二度の飛行機事故、

 

 

その事故が、彼の運命を大きく左右する。

その受賞の大きな原動力になる作品が、映画化もされる。

老人と海

1958年、アメリカ、ジョンスタージェス監督、

 

何とも言えない日本人的情感がある作品だ。

諸行無常の響きあり・・・(栄光と滅亡)

佐渡に横たふ天の川・・・(物差しを変えれば小さな事)

しかし、チャレンジしなければ、何も答えは出ない、

 

 

老人は、カジキを釣りに海に、

必死の思いで釣り上げたカジキ、

しかし、サメに襲われ、

綺麗に食べられたサンマのような骸となる。

 

しかし、それも結果、

私の好きな映画「パピヨン」の中でも、

(断崖絶壁からの脱獄に)「失敗したらどうするんだ?」と、

問う(ルイ・ドガ)ダスティン・ホフマン

 

 

それに対して

パピヨンスティーブ・マックイーンが、答える。

「それは問題ではない」と、

たかが数十年の人生なのだ。失敗を恐れていては何も始まらない、

 

 

と、駄目だ、又ヘミングウェイを見失っている。

老人と海

「黒い雨」

「泥の河」

 

この三作は私の中で共通項がある。

聡明なあなたになら、簡単な話で、

愚問だろうが、

私の中では大きくリンクし、激しく弾き合う・・・

 

 

ヘミングウェイがショットガンで、自らの命を絶つのは、

私が生まれる二年前、

1961年の事だった・・・ 

今夜はヘミングウェイに乾杯!

f:id:BARin:20160613202418j:plain

まあ、全てはこう言う事なのだが ↓


君と歩いた道by浜田省吾

 

 ↓ 読んだらクリックお願いします!

 にほんブログ村 酒ブログ バーへ

にほんブログ村

↓FB、ツイッターお持ちの方シェアお願いします!