黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

オバマの夕暮れ

その日、歴史的な日が訪れた。

アメリカ現職大統領が、広島を訪問、

長年、自分なりに色々と戦争を調べている私には、

気になって仕方なかった。

 

 

が、その日も営業、買い出しがある。

店の前のイオンへ、

その中に百均のお店が、

う~ん、これが良いか?

 

いや、これか?

と、しゃがんで見ていると、

肩の辺りに何か柔らかい物が当たった。

何だ?

 

 

と、振り返ると、

真っ白な二本の足と細く黒い紐が見えた。

ん?んん?・・・・・

もう一度見た。

 

う~ん、えええっ!

こ、これって!Tバック!!

そこには若くスレンダーな白人の娘さんが、

マイクロミニなのに前かがみで何かを探していた。

 

 

お、おしりが丸見えなのだ。

ぐわっ!、思わずひるんだ。

衝撃が大き過ぎる。凄まじい攻撃力!Tバックテロ!

しかし、まあ、何を恥ずかしがる事も無く、

 

彼女は淡々と何かを探していた。

堂々とかつ自信に満ちて、

買い物を終え、そのまま店に向かった私、

何時もの如く暇な店のカウンターに座り考えた。

 

 

あの子の母、いや、ステラの母なのだは、

何故、ステラと知っているのか?

それは、ただ単に私が付けただけなのだが、

そうステラの母は、どんなお母さんなのだろうか?

 

おばあさんはどんな人なのだろう、

想像だがアメリカの方だと思うのだが、

私の母はアメリカよる。大阪大空襲を生き抜いた。

母はこんなにも女性が大胆で、自信に満ちた国と戦ったのか、

 

母はモンペを穿いて鉢巻き締め、

竹槍でB-29を落としに行ったと・・・

女性が自由に表現出来る国、女性が自由に表現出来ない国、

様々な思いが交差し、静かな時間は流れて行った。

 

 

わが国で男女雇用均等法が制定されたのは、

1985年、つい最近の事だ。

アメリカ現職大統領が広島を訪問した夕暮れに考えた。

どんな状況下であろうとも、無差別殺人を指示した人には、

 

 

それなりの責任があると、私は思う・・・

 読んだらクリック↓

 

にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村

↓FB、ツイッターお持ちの方シェアお願いします!