黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

粗悪な・・・

乱雑で、粗悪な文章になっている。
確かに、最近書く意味があまり解らなし、
ややこしい問題が煩悩の数ほどある。
そういう状態ではなかなか文字も浮かばない、


唯一の救いは暖かくなって来たと言う事ぐらい、
若い時は自分の大きさが解らず、
夢も膨らみ、
何でも出来るように思っていたが、


色んな経験、挫折を繰り返すと、
ほぼ自分の実尺が解って来た。
まあ、私だけでは無いと思うが、
もっと幼い時は、ショッカーに誘拐されて、
改造人間にされると思っていたが、
40年以上経った今もショッカーは現れない、


そんな事を考えながら、
歳を重ね、
何だか古池の底に引き込まれて行くような気がする。
「古池や蛙飛び込む水の音」


この句にはデフォルメがある。
蛙は水に飛び込む時に音を出さないのだ。
その音が聞こえるような、
超越した静寂の中を生きているような、
そんな気がする今日この頃である。


そして少しだけだが、
侘び・寂びと言うものが解り始めたような気がする。
粗悪な文章を書き続けた果てに・・・