黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

酒通信 114

よく私は、シングルモルトウイスキーを愛し、
バーボンを馬鹿にしている等と言われるのだが、
全くもってそんな事は無い、
ただ、バーボンは語る酒では無い、
四の五の言わずに飲む酒だと、


思っている事は確かだ。
語るのはシングルモルトに任せていれば良い、
では、バーボンウイスキーでは何が好きか、
まあ、色々とあるが、


最近、この歳になって気になる逸品がある。


「オールド・グランダッド」の「114」
114とは、プルーフ
アメリカンプルーフ、アルコール度数の事なのだが、
二分の一に換算すると、
57になる。


所謂、アルコール度数が、
57%と言う事、
「オールド・グランダッド」とは、


おじいちゃんを意味する。
今夜あたり如何ですか?