黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

歌えなかった卒業式・・・

オウムのサリン事件、
阪神大震災
娘の誕生・・・


もう少し遡ろう、
高校3年生の私に、
私が通った高校は新設校だった。
それ故にまだ校歌なるものがなかった。



卒業式を控えたある日、
その校歌に変わる歌をアンケートで決める事になった。
今になっては定かでは無いが、
当時、私と良く気の合う、
友人が居た。


色んな歌が校歌の変わりに候補に上がった。
当時の流行歌や、懐かしの名曲だった。
しかし私は「仰げば尊し」を候補に上げた。

結果は2票だった。
私とその友人だけだった。
何故そんなに気が合ったのかも、
今となっては解らないのだが、


帰り際だった。
友人が言った。
その言葉は何故か鮮明に脳裏に残っている。
「なあ、誰も歌わなかっても、
俺達二人は歌おうや」

私は何気に、
「そやな」と、答えた。
そして、卒業式、
私は訳があり出席出来なかった。


仰げば尊し」の事も、
すっかり忘れていた。
それから何年経っただろうか、
その親友の父から思わぬ事を聞いた。

卒業式の時、
私との約束を守り、
全校生徒が「松山千春」さんの歌を歌う中、
一人大声で「仰げば尊し」を歌ったと、
恥ずかしかったと、
お父さんに返す言葉が、
一言も出なかった。
涙を堪えるだけで精一杯だったのだ。

そんな事を一言も私には言わなかった私の友人、



2000年、2月、
関空沖の海難事故で、
海に帰った。


約束を守る。
それからの私の人生は、
あいつと語った夢の一つ一つを、現実に変えると言う、
日々を過ごして来た。
必死だった。死に物狂いだった。
しかし、それを誰にも悟られぬよう、
飄々と振舞って来た。
ただただ約束を守りたかった。
それだけだった・・・



そんな中、
NHK朝の連ドラ「マッサン」の中で、
風間杜夫」氏演じる。
「森野熊虎」なる人物が、


皆が「蛍の光」を歌う中、
原曲である「オールド・ラング・サイン」を、
一人大声で歌うシーンを観た。
不覚にも、いや自然にだろう、
止め処なく涙が溢れ、
号泣してしまった事は言うまでも無い、


やはり思う、
悲しむ人が居るのなら、



死んではいけないと・・・
そして、今改めて思う、
やはりあいつは揺ぎ無き私の無二の親友だと・・・



私の知らない世界へ旅立ったあなたへ、
私に可愛い孫が出来た事を、
ご報告したい、





いざさらば・・・