黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

マッサン 柳沢保恵

NHK朝の連ドラ「マッサン」
北海道は余市で工場を設立、
一応は順調に事は運ぶ、


しかし、何故余市なのか、
大きな工場を建て、運営するには、
町の人達の協力が必要なはず、


その町は会津藩士に子孫の町、
その会津藩士の子孫達が協力するには、
何かが必要なのでは、


これなのでは無いだろうか、
「柳沢保恵」氏
大和郡山藩が子孫、
竹鶴政孝氏の支援者の一人、


将棋の坂田三吉氏の支援者でも有名、
その「柳沢保恵」氏と会津藩の関係を見つけた。
奥羽越列藩同盟
これは興味のあるかたは検索して下さい、


時は遡り「戊辰戦争
会津藩からの要請で、家臣を送った藩がある。
この「奥羽越列藩同盟」にも参加した藩なのだが、
名を越後黒川藩と言う、


その時の藩主が「柳沢 光昭」(みつてる)
しかしこの「奥羽越列藩同盟」では終始、
消極的な立場を取ったようだが、


会津藩の要請に応えているのは確かな事、
して、この黒川藩は、大和郡山藩の分家のような存在、
「柳沢保恵」氏は元々はこの黒川藩の人間なのだが、
優秀が故に、大和郡山藩に養子に出されている。
これを見落としていた。

「柳沢保恵」
父はその会津藩の要請に応え、
家臣を送った。藩主「柳沢 光昭」なのだ。


終始消極的な立場を取ったとされるが、
黒川藩 藩主「柳沢 光昭」の実子
「柳沢保恵」が頼んで来たとしたら、
何より義を重んじる会津藩士なら・・・



と、私は思った。
全てはただの妄想なのだが・・・
いや、そうであってほしいと思っただけだ・・・