黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

新樽

最近、よくウイスキーの特集をTVでやっているが、
イチローモルト」さんの蒸留所をよく目にする。


少し前にも、NHKで放送されていた。
しかしなかなか面白いものを見せていた。
三段に積まれた樽の下と上では、
ウイスキーの色が違う、


上の方が濃い色になるのだが、
下は色が薄い、
これは簡単に言えば気温の違い、
上の方が気温が高いので熟成が進む、


そして樽を一つ開けていた。
豪快に流れ出すウイスキーに少し感動した。
しかし貯蔵庫のどの樽もかなり使い込んでいる。
東亜酒造時代のか・・・


樽は何度か使え、
寿命も70年程持つと言うが、
かなり古そうに見えた。


まだ新しい樽は無いのか・・・
と、つぶやきながら店に行くと、
少し遅れた年賀状が届いていた。

ん?「イチローモルト」さんからだ。
裏を見て驚いた。


あまりにもタイミングが良すぎる・・・