黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

1,17 20年・・・

一瞬の出来事だった。
当時私は北新地のBARに勤めていた。
深夜帰宅し、
何度か書いたが、


その時、恐ろしいぐらい夜空が美しかった。
何故かは解らないが、
満天とはいかないが、
多くの星が見え、


それを暫く眺めていた記憶がある。
あれこれとした後、
布団に入った直後だった。


何かに突き上げられたと思ったら、
体験した事の無い揺れが襲った。
慌てて娘の上に覆いかぶさった。
建物が崩れると思った。
崩壊はしなかったが、
外の壁は崩れ落ち、
内壁も穴が開き、


部屋の中から、
空が見えていた。
当時の私の家があった場所は、
大阪市内では殆ど無かった
激震地区に指定された震度7を経験した。


あれから20年・・・
その時娘は3歳だった。


その娘が結婚し、
娘を産んだ・・・


何事も無く生きている事に、
感謝するとともに、

亡くなった多くの方々に、
改めて心から安らかにと願い、


出来ればこの先も、
何事も無い事を願う・・・
何事も無い事が幸せなのだ。
そして、残され、生かされた私達に何が出来るか、
いや、何も出来なくても良い、
ただただ、生きる事だと思う、


生きろ・・・