黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

マッサン 媚びてまで・・・

鳥居・・・いや鴨居さんが、
本性を現しだした。
お金儲けのウイスキー、


逆にマッサンも本性を現した。
本格的なウイスキー、
スコットランドに負けたくない、


マッサンが言った。
「客に媚びてまでウイスキーを売りたくない」


その気持ちは痛いほど解る。
マッサンは言い過ぎたと言ったが、
それはそれで正論では無いだろうか?


人を小馬鹿にする為だけに来たり、
自分のストレスの発散に絡む為だけに来たり、
ブルーチーズが臭い!
腐ってると怒り出すおばさん、
酔えたら良いんや!
何を飲んでも同じや!


数日前はカルアミルクが少ない!
ジョキーで出せ!と怒るおばさんが居た。
民度の低さがうかがえる。


十数年、そういう人達を来なさないように、
斜に構え、露骨に嫌な態度をして来たが、
おめでたいことにそういう人達は、
全く気が付かない、
いや、逆にご指導してくれる。


「君はもっと低姿勢になりなさい」
「君は高飛車だ!」

馬鹿に付ける薬なし・・・
いまだにまだ来る、もう10年程、
毎回、毎回泥酔のご夫婦、


来るたびに嫌味をタラタラ、
が、注文は、
「おい!美味いウイスキーをくれ!」
「俺は金持ちや!」
自分でお金持ちと言う人に初めて会った。
まあ、貴重な経験なのだが、



そして同じを事を、
繰り返し、繰り返し、喋り続ける。
小一時間・・・
お金持ちならもっといいとこに行けばいいのに、
不思議な人だ。


そんな人が美味しいウイスキーに出会える事は、
一生無いだろう、
又来るかと思っただけで憂鬱な日々だ。


結論は私もマッサンと同じく、

媚びてまで、
媚びてまでは、
私が造ったウイスキーでは無い、
私はただ預かっているだけだ。
本当に文句があるなら、
サントリーさん、ニッカさん、
いやいやスコットランドに行ってクレームを言えばいいのだが、
それは恐くて言えないのだろう、
情けない・・・

商売ではあるが、私はホストでは無い、
あくまでバーテンダーで生きて生きたい、
ただただそれだけだ。
そっとしておいてくれませんか、
わざわざ捻じ込んで来なくてもいいでは無いですか、
興味が無ければわざわざ来る事は無いのです。


お解りになりましたか?
無理か・・・



まあ、お金儲けだけを考えてるBARなら、
そうなるのか・・・
プライドの切り売りか・・・
ただの金儲けか・・・


ウイスキーの美味しさを、
カクテルの美味しさをを解って戴きたい、
その一念だけで必死に今までやって来たのだが、
伝わらない、
この町では・・・

数年前、80歳を過ぎる梅田の老舗BARの、
バーテンダーが引退された。
新聞にもそれが記事で出た。
その時のそのマスターの言葉が実に印象的だった。


「アホの相手は疲れた・・・」だった。