黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

長年の謎が・・・4

サントリーさんの主力商品である。

ブレンディドウイスキー「響」

その「響」と言う名が、

太平洋戦争に於いて沈没の危機的状況を、

 

 

何度も乗り越え「不沈艦」と呼ばれた。

駆逐艦「響」から名前を頂いたのでは、

駆逐艦「響」の存在は知っていた。

勿論サントリー「響」も、

 

 

しかし、この二つを結びつける接点等、

私の若い頃には調べる事は困難だった。

が、今はこのネットがある。

ん?と思い検索する事、数分・・・

 

 

一瞬で点と点が線で繋がった。

俄かに浮かび上がった男が居る。

名を「平賀譲

東京帝大総長を勤めた。

 

 

工学博士、

が、工学者であり日本海軍軍人、

工学者で軍人?

まあ、当たり前の事で、

 

 

全てが戦う軍人なら、

誰が戦闘機を設計するのだ。

最近公開されたジブリアニメ「風立ちぬ

その中で零戦の設計に奔走した「堀越次郎」氏が描かれていたが、

 

 

この「平賀譲」氏はその大海版、

「平賀艦艇」

戦艦紀伊型、重巡洋艦古鷹型、妙高型、

軽巡洋艦夕張、川内型、駆逐艦神風型、

若竹型を設計し、夕張や妙高型等の軽量化は、

 

 

各国からも注目され「造船の神様」と賛辞されたと言う、

この中の駆逐艦神風型の中に、初代「響」があり、

太平洋戦争時の「響」は二代目のようだ。

そしてその二代目の「響」をこの方が携わったのか?

 

 

その事に正確な記述は些か多忙ゆえに見つけられなかった。

後は戦争マニアの方、軍事マニアの方にお願いしたい、

あくまでウイスキーが専門なので、と、逃げた・・・

では本題にこの「造船の神様」と呼ばれた男、

 

 

平賀譲」氏は、

サントリー社長「佐治敬三」氏の義理の父なのだ。

平賀譲」氏の三女が「佐治敬三」氏の奥様だったのだ。

だったのだと、記して置こう、

 

故にこのサントリー「響」は

f:id:BARin:20151106015758j:plain

 

「不沈艦」「不死鳥」と呼ばれた。

駆逐艦「響」なのでは、

f:id:BARin:20151108125423j:plain

そしてこの艦、こうとも言われる。

「戦争を生き抜いた艦」と、では少し手を入れて、

「ウイスキー戦争を生き抜いた酒」

と、なるだろう、

 

 

これは「佐治敬三」氏の義理の父に対する尊敬の念における。

ネーミングなのでは?と、思っていたが調べ続けていて、

違うのでは、これは「平賀譲」氏の三女、

佐治敬三」氏の最初の奥様、

 

 

だったと記したのは、こういう事なのだ。

この方、長男を出産直後に早世されている。

悲しい事に21歳と言う若さで・・・

では、諸々の年代が合致するのか、正確性は?

 

 

まあ、それはもう良いでは無いか、

そう思い、こう思った時、胸が詰まった。

このサントリーさんの「響」と言う名前は、

若くして早世した。

 

 

初めの奥様にして「平賀譲」氏の三女、

その方への「佐治敬三」氏のレクイエムなのでは、

まあ、当然間違っているだろうが、

そうであって欲しいと切に切に、心からそう思った。

 

 

何故なら奇しくも、この記述を、

私の次女の二十歳の誕生日の日に見つけた。

 

 

今夜の「響」は一味違う事は言うまでも、

無いだろう・・・

f:id:BARin:20151106015758j:plain

ジャパニーズハーモニー「響」

 

「長年の謎が・・」完

 

私にお金は入りませんが、

記事を読んだらクリックお願いいたします。

  にほんブログ村 酒ブログ バーへ

にほんブログ村

 

 


サントリーウイスキー 「響」 CM - YouTube


1981 サントリー THE WHISKY - YouTube