黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

長年の謎が・・・3

何度も危機的状況に会いながらも、

戦後まで生き残った。

「不沈艦」

吹雪型駆逐艦」「響」

 

キスカ島攻略部隊に編入、

「暁」と共にキスカ島近海を航行中、

5機のB-24あるいはPBYカタリナ飛行艇の爆撃を受ける。

この時、投下された爆弾のうち一発が、

 

 

右舷艦首外板を貫通、

喫水線付近の錨鎖庫で爆発、

前部主砲付近まで浸水、沈没の危機に、

それを三時間あまりの応急処置で浸水を止める事に成功、

 

 

この艦が幸運だったのでは無く、

搭乗員が優秀だったのでは、

が、悲劇は続く、隆雄沖の触雷、

輸送船「永冶丸」が触雷し、爆沈、

 

 

救助に向かう「響」

船首部で爆発、10名が戦死、

一番砲塔直後の左舷部を大破、

船首は前方に向け25度垂れ下がった。

 

 

これは、かなりのダメージを受けている。

これを後進で高雄まで戻ったと言う、

この事でレイテ沖海戦に参加する事はなかった。

「大和」の沖縄水上特攻作戦に加わる。

 

 

「大和」以下諸艦と共に移動中、

又も触雷、航行不能となり「呉」に帰還、

しかしこの作戦は壊滅的な被害を出す。

もし「響」も参戦していたら・・・

 

しかし生き残った艦には戦後使命がある。

復員輸送艦に指定される。

しかしこの時も大阪湾で触雷、

が、この時の被害は軽妙だったと言う、

 

他にも危機的状況はあったが、

それを乗り越えた「響」

その「不死鳥」と呼ばれた「不沈艦」が、

 

 

まさかサントリー「響」だったとは、

f:id:BARin:20151106015758j:plain

あくまで私がそう思うだけなのだが、

何故そう思ったか、決定打を見つけたので、

もったいぶって明日に書こう

          つづく・・・

 

私にお金は入りませんが、

記事を読んだらクリックお願いいたします。

  にほんブログ村 酒ブログ バーへ

にほんブログ村