黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

警鐘を鳴らせ 4

大きな窓口から入ったので、

論点を絞りにくかったが、

そろそろピントを合わせよう、

大金を積めば誰でも強くなれる。

 

 

スマホのゲーム、

その中の「ガンダムコンクエスト」

ガンコン」と呼ばれている。

そこで私が言いたいのは、

 

 

お金を使って強くなれば何をしても良いのか?

と、言う事だ。

そんな人達が大挙として店に押し寄せたら、

そう思うと、悪寒が走る。

 

 

しかし、ここで間違って貰っては困るのだが、

そういう人達ばかりでは無い、

中には立派な考えを持ち、

卑怯な事もせず戦っている御仁も多い、

 

 

そういう方には男気を感じる。

そう、男気なのだ。

金で買った順位をひけらかすのでは無く、

男気が無いのか?

 

男気?

時は1942年(昭和17年)3月1日

スラバヤ沖海戦に於いて、

敵、英兵376名を「電」(いなずま)が救助、

 

 

その指揮を執ったのが、

駆逐艦「雷」(イカズチ)が艦長、

「工藤俊作」

翌3月2日、燃料が無くなる事も恐れず、

 

 

工藤艦長は救助を続け、

「雷」(イカズチ)の乗組員220名に対し、

イギリスの駆逐艦「エンカウンター」等の乗組員、

422名を救助、戦時下で倍近い敵兵を・・・

 

 

「一番砲だけを残し、総員で救助活動にあたれ!」

戦時下では異例の命令、

敵潜水艦の脅威を感じながらも、

戦いが終われば敵も味方も無いと、

 

 

この話を工藤艦長が語らなかった事に於いて、

明るみに出たのは、最近になってからだ。

しかも、それを語ったのはこの時救助された英兵、

正に「武士道」

 

 

いや、これが日本人と言う、

人種なのでは無いのだろうか、

いや、そうあって欲しいと、

心から願う・・・

 

 

そしてこの「工藤俊作」と言う猛将、

酒好きだったと、伝え聞く・・・

 

 

付け加えるが、その反面、

こういう悲しい事件がある事も確かである。

書けば長くなるので、興味のある方は、

どうぞ!

「ビハール号事件」(重巡洋艦利根虐殺事件)↓

ビハール号事件 - Wikipedia

駆逐艦秋風虐殺事件」↓

秋風 (駆逐艦) - Wikipedia

 

 

今は選択肢のある時代なのだ。

どの艦の艦長になるのかは、

あなた次第!

と、警鐘を鳴らす・・・

 

nicotter.net

 

私にお金は入りませんが、

記事を読んだらクリックお願いいたします。

  にほんブログ村 酒ブログ バーへ

にほんブログ村

 

現代語訳 武士道 (ちくま新書)

現代語訳 武士道 (ちくま新書)