黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

命日・・・

もう、三年にもなるのか、

ついこの間のような、

今日は「桑名正博」氏の命日なのだが、

時の流れの速さを痛感した。

 

 

親愛なる兄貴、その死に於いて、

この世の無常、儚さを知る事となった。

歌って、飲んで、騒いで、怒って、

一日を手足を広げ精一杯生きていた。

 

 

それが、まさか・・・

いや、そのまさかが起こるのが、

世の中なのだが、

いや、未だに信じられない、

 

 

しかしあれだけの時間、

一緒に居たのだから、

私は幸せだったし、多くの物を学んだ。

歌うなら歌う、ギターを弾くなら弾く、

 

 

それに上手い下手は関係ない、

あの日の言葉が蘇る。

店でよく歌ってくれた歌で、

下田逸郎」氏の「ひとひら」と言う曲がある。

 

 

花びらが水面に落ちた時の音を、

言葉にしたと言う、儚くも切ない、

上手い下手も関係ない、歌うなら歌えと、

では、私が歌ってみよう、追悼と、忘れない意味で・・・

 

 

www.youtube.com

 

クレームが来なかったら良いのだが・・・

 

私にお金は入りませんが、

記事を読んだらクリックお願いいたします。

  にほんブログ村 酒ブログ バーへ

にほんブログ村