黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

惨敗・・・

手も足も出なかった。

人と喋りたくも無くなった。

完全なる敗北、

数日前、恰幅の良い初老の紳士が現れた。

 

 

ただならぬオーラ、

ヤバイと思ったが、

だからとてどうする事も出来ない、

「結構揃ってますね」

「いや、まだまだですよ、お恥ずかしい限りです」と、

 

 

完全に白旗を持った。

「あれは無いんですか?」

え、そ、そこか・・・

確かに数日前、ネットで見ていた。

あの時注文していたら、

 

 

昨夜入荷していただろうが、

当店では手の出ない値段だった。

「あれは、かなりお高いので」

「では、あれは?」

そ、そこ・・・

 

 

一体何者なんだ。

何故、そんな物を知っているのだ。

情報が早い、

 

それも実はその時、

同じようにネットで見ていた。

どんな味なんだろう?と、

「では、あれは?」

無い・・・

「あれは?」

無い・・・

 

「あれ?」

 

 

計5本、全く無い、

ここまで無かったのは初めてだ。

いや、全て未知の領域、

しかも、グッドチョイス、

多分、一本も外れは無いだろう、

 

 

この方、本物だ。

嫌がらせや、俄か、偽者は沢山居る。

わざと手も届かないような高価な物や、

BARでは買わないような、奇天烈な物を注文し、

無いと言うとニヤニヤする。

 

 

そういう下品な輩では無い、

少しお高い物なのだ。

が、当店ではそれが、

乗り越えれない壁なのだ。

 

 

下町の限界・・・

「そうですか、残念ですね、あれば飲みたかったのに」

確かにあれば飲むだろう、

「年代物は?」

 

アードベッグ75年のこれと、

ノッカンドウ64年のこれが」

「じゃあ、それと、それを」

 

 

ほら、やっぱり・・・

 

 

「私は50万、100万クラスは買って、

家で飲むんです。ので、そのクラスはBARで」

 

 

確かに、北新地なら言われたウイスキーのクラスなら、

置いているだろう、

「この前新地のBARから40万の請求書が来て、

驚きましたよ」

 

「・・・・」

 

 

そりゃ驚くは・・・

週に1~2回でそれなら、

 

「ブラックボウモアは合計6本飲みました」

 

 

「・・・・」

 

世の中が広いと言う事を解って貰おうと、

この下町で頑張っているが、

世の中の広さを思い知るのは、

いつも私だ・・・

 

 

嫌味が無く、

笑顔で、

無いと言うと、

本当に残念そうな顔をした紳士だった。

 

 

しかし、ここが本当に限界なのか?

誰かに限界を決められていないか?

 

まあ、惨敗した事に間違い無いので、

惨敗記念日と名付けよう・・・

 

私にお金は入りませんが、

記事を読んだらクリックお願いいたします。

  にほんブログ村 酒ブログ バーへ

にほんブログ村