黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

酒通信 100%アイラ

100%アイラと書かれたウイスキーがある。

では100%アイラとは?

どういう事か、

まあ、そのままなのだが、

 

 

アイラ島で、

麦の栽培、製麦、蒸留、熟成、瓶詰め、

そう全ての工程を行っている。

当たり前では無いのか?

 

 

いや、これがどれだけ凄い事か、

全工程がアイラと言うのは、

何と200年間以上も行われていないのだ。

自社の畑で栽培された大麦を、

職人さんがフロアモルティングし、

 

 

キルンでピートを炊き込んでいる。

煙の出ないキルンがある蒸留所は日本にもあるが、

それが100%アイラこれだ!

f:id:BARin:20151011003626j:plain

 

 

誇らしげに100%アイラと書かれている。

この合理主義の世の中に、

真っ向から反旗を翻した。

キャプテンハーロックなのか、

 

いや、キルホーマンだ。

キルホーマン100%アイラ5th

ミディアムピーティドの20ppm

地元産の大麦(ローカルバレイ100%)

2009年と2010年のバッティング、

 

しかしそれだけ拘ればお金が掛かる。

が、素晴らしいウイスキーを造ってくれるなら、

それに応えようでは無いか、

当たり前の話なのだが、

 

 

何でも、高い!高い!と言う人は、

こういう知識が無い、

だからこそ私達が伝えるべきだと思い頑張っているのだが、

物では無く心を読み取って頂きたい、

職人さんの手間や苦労、

全てに於ける余計な経費も

含まれてのお値段なのだ。

 

 

それが解らず高いと言うなら、

まあ、別に飲まなければ、

良いだけの話なのだが、

ただ、それなら365日、

朝、昼、晩とお茶漬けを食べているのか、

 

 

たまには焼肉を食べていないか?

食べているなら辻褄が合わないのでは?

焼肉に向かって高いわ!と、言ってくれ!

 

 

たまには焼肉と言う方に是非!

f:id:BARin:20151011003626j:plain

 

もう逸品、

原酒不足の「駒ケ岳」

マルス蒸留所」から、

 

「越百」と書いて、

「コスモ」

と、読む、

聖闘士星矢」か?

 

いや「マルスモルテージ越百」(コスモ)だ。

f:id:BARin:20151012164802j:plain

 

日本人の為に造られた。

そんな気がするウイスキー、

星空のラベルが実に綺麗だ。

 

まだまだ入荷しております。

お楽しみに!

 

私にお金は入りませんが、

記事を読んだらクリックお願いいたします。

  にほんブログ村 酒ブログ バーへ

にほんブログ村