黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

阪神電車に乗って アナザーストーリー 10

やっと着いた「西宮駅

f:id:BARin:20150929145916j:plain

 

そして「甲子園」を目指して歩き出すのだが、

だから、神社を周る旅では無いのだが、

 

f:id:BARin:20150929161316j:plain

 

あれば入る。

もう名前すら解らない・・・

ここまで来たら、買って帰ろう、

が、またもや、

f:id:BARin:20150929161445j:plain

 

高級食パンが・・・

休み・・・

ん~、最後の砦、

かなり迷って辿り着いた。

 

f:id:BARin:20150929172815j:plain

 

銭湯なのに天然温泉!

f:id:BARin:20150929165632j:plain

 

浜田温泉!

ここ、なかなかの美湯、

ここは銭湯なのだが、

スーパー銭湯では無い、

 

 

よく口コミにカランのお湯の調整が無い、

だから、銭湯、

私らの子供の時は、

確実にヤケドするぐらいの熱湯が出て来た。

水風呂に水を浴びないで入ったら、

おばさんに怒られた。

当たり前なのだが、

 

私らは、

画家を目指しているのか、

自分の背中にまで絵を書いているおじさんに、

洗面器で頭を殴られた。

 

水を浴びないで水風呂に入ると、

温度が下がると言われたと、

当たり前だ。

生きている限り、

36度ぐらいの体温があるだろう、

 

 

まあ、最近はスーパー銭湯の影響で、

銭湯のマナーが悪い、

銭湯は自分でしなければ、

椅子はなおす、洗面器も片付ける。

 

体を洗った場所には、

お湯を掛けて綺麗にする。

銭湯は少ない人数で運営している。

 

極力負担を無くしてあげなくては、

それには気持ちが大切だ。

風呂に入りに来たのでは無い、

入らせて貰っているのだ。

 

 

スーパー銭湯が溢れ、

町の銭湯は無くなる一方、

銭湯は初めて公共のマナーを覚える大事な場所、

家にお風呂も無い、

下町で育てば、

 

 

銭湯がどれだけ癒しと、健康と、

衛生を与えてくれるか解るのだが、

解らない人には解らないだろう、

みんなのお風呂なのだ。

 

 

と、考えながら、

風呂上りに駅までの道をとぼとぼと、

すると凄い人だ!

f:id:BARin:20150929174359j:plain

グッズだらけ!

f:id:BARin:20150929174203j:plain

 

f:id:BARin:20150929174355j:plain

 

さあ、時間が無い帰ろう!

f:id:BARin:20150929180632j:plain

 

ふ~、これでやっと終わった。

ん?え、

鳴尾~甲子園間が抜けている。

まあ、いいか・・・

 

私にお金は入りませんが、

記事を読んだらクリックお願いいたします。

  にほんブログ村 酒ブログ バーへ

にほんブログ村