黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

やられた・・・

 

早い時間に男はやって来た。

大柄の体格のいい白人男性、

日本語が全く解らないと言うような素振りをする。

スマホを取り出し、

しきりに触っている。

 

 

なんか、挙動不審、

怪しい・・・

スマホの翻訳機能を使い、

やたらと店を褒める。

怪しい・・・

 

 

長年やっていれば誰でも解ると思うが、

日本人でも、外国人でも、

怪しい人は、

怪しい・・・

 

 

次は、財布を開け、

中のお金を見せる。

これは完全に、

怪しい・・・

 

 

鳴ってもいないスマホを持ち、

何度も表に出る。

神に誓っても、

怪しい・・・

 

 

するとその日、妙に店が忙しくなった。

次々と来客が、

店側としては用心しているが、

お客さんには関係ない、

日本人の悪い所が出た。

 

 

外国人に優しい、

次々と奢りだした。

気まずい顔、

怪訝な顔をしてみたが、

無理・・・

 

 

最近、人の顔色を伺える人など、

絶滅危惧種だ。

おもてなし、おもてなしと、

上っ面で言うから、

こういう事が起きる。

 

 

おもてなしするのは、

おもてなしをするのに値する人にだ。

店に来て大声で叫んだり、

高い!高い!と文句を言う人にまでする必要は無い、

ホスピタリティが発動するのは、

 

 

発動するに値する人なのだ。

食べログ等でも勘違いしている人が多いが、

ホスピタリティは商品では無い、

心の呼応なのだ。

あなた次第と言う事だ。

 

 

今度は外国人男性が周りに奢りだした。

不味いな・・・

写メを撮らせてくれと言おうかと、

考えていたら、

どうも自分はオーストラリア人で、

警察官だと言っている。

警察官?そんな事を言う人はいない、

その時居合わせた若い男性客が、

 

 

「警察官なら、絶対悪い事しないわ!」

完全に騙されている。

おいおい、ニュースを観てないのか?

日本でも頻繁に警察官の犯罪が取れ出さされてる。

 

 

 

リーチが掛かった。

 

 

あれこれ飲んで、

店が忙しい中、

又、スマホを持って、

フラッと外に、

 

 

出た瞬間、

 

 

走った!

 

 

猛ダッシュ!

 

 

ゴールは何処なんだ?

 

 

 

 

常習犯だろう、

彼らにしたら、

そりゃ日本は天国だろう・・・

 

 

私にお金は入りませんが、

記事を読んだらクリックお願いいたします。

あなたに一円の請求も行きませんから!

  にほんブログ村 酒ブログ バーへ

にほんブログ村

 


THE SKIPPERS "WALKMAN" PV - YouTube