黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

阪神電車に乗って 戦後70年 5

香櫨園駅」から、

「夙川」の下流へ、

歩け、歩け、

途中よく解らんが、

見ず知らずの、

凄いおじさんに力を貰い、

 

 

f:id:BARin:20150922153148j:plain

 

後、少し、

目指すは、

火垂るの墓」に登場する。

「西宮 回生病院」

 

 

玄関部分が、今年一杯で解体が決まった。

それを知ってから、

この阪神電車の旅が始まった。

 

 

先人の苦労を知る為に、

出来るだけ歩こうと、

沿線をひたすらトボトボと、

しかし容赦なき炎天下に行く手を遮られた夏、

涼しくなった今、

 

 

節子と清太に会いに、

私はやって来た。

戦後70年、

今しか無いのだ。

 

 

が、現実とは常に無常なもの、

「夙川」の河口付近に、

あるはずの「回生病院」

 

 

時既に遅し・・・

残酷な事実が目の前にあった。

 

 

 

f:id:BARin:20150922163910j:plain

 

火垂るの墓」に登場する。

「回生病院」の玄関は、

 

f:id:BARin:20150925102025p:plain

 

 

 

 

 

f:id:BARin:20150922163918j:plain

 

 

消えた・・・

 

何か申し訳ない気持ちと、

自分に対する腹ただしさが芽生えた。

そのままフラフラと海へ、

 

 

f:id:BARin:20150922153920j:plain

 

節子が海水浴をする。

「香櫨園浜」「御前浜」

f:id:BARin:20150922153928j:plain

 

ここも70年前には戦争があったのか?

にわかに信じがたい、

砂浜に立った私は、

何故そうしたのかは解らないが、

 

 

この浜で座り込んだ。

しかも正座で、

どれぐらい時間が流れただろうか、

そして、何と言う時間だったのだろうか、

その時間の流れを、

何と名付けたらいいのだろうか、

 

 

海面を眺め続けた。

戦争が終わり20年も経たない頃、

私は産まれ、そして50年以上が経った今、

この海を前に何を思い、

何を考えたのか、

 

いや、ただただ先人の皆様方に、

ありがとうと伝えたかった。

それだけだったのだろう、

 

大空襲の時、

遺体が二重にも三重にも積み重なっていたと、

おばあさんがTVで話していた。

 

 

 

「西宮 回生病院」を

背にして・・・

f:id:BARin:20150922154328j:plain

 

f:id:BARin:20150924124951j:plain

 

 

私の戦後70年はこれで終わります。

戦後70年、戦争に行かれた方のご苦労は勿論ですが、

内地で戦った方々、西宮大空襲の夜、

市民は懸命な消火活動を続けたと言う記述があった。

それが何だったのか、何故そうなったのか、

意味を問うことは止めよう、

 

 

ただ、自分の子や孫が、いや、日本中の、

いや、世界中の子供達が、

二度とそういう目に遭わないように、

この国を導く事等、私には到底出来ません、

が、ならばせめて、こういう事実があった事を人に伝え、

己も忘れぬと言う努力を続けて行こうと、

国民の休日の日に、

そう思った・・・

 

ところであなたの戦後70年は?

 

私の言いたい事は「中島みゆき」さんが全て歌っています。

あえて「徳永英明」さんで

 

 

「時代」

 

そんな時代もあったねと・・・

今日の風に吹かれましょう、

 

 

今日も倒れた旅人達も、

生まれ変わって歩き出すよ


時代-徳永英明 - YouTube

 

「歩け、歩け、続ける事の大切さ」

                 伊能忠敬

 

 

「香櫨園浜」「御前浜」詳しくはこちらで ↓

 

御前浜・香櫨園浜を未来に伝える情報発信サイト

 

 

私にお金は入りませんが、

記事を読んだらクリックお願いいたします。

  にほんブログ村 酒ブログ バーへ

にほんブログ村