黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

変わり行くウイスキー

あれ、これ前と味が違う、

シングルモルトウイスキーの世界では多々ある事、

まあ、ウイスキーは生き物だ。

だから面白い、開封してからの経年変化、

 

 

どの香りを記憶したら良いのか、

そう考えると砂漠に一人置き去りにされたような気になる。

そして又一本、全く違う味わいになったウイスキーがある。

名を「エドラダワー

f:id:BARin:20150724211607j:plain

土屋守」氏のウイスキー大全でも真っ向評価が変わった一本、

f:id:BARin:20150713000001j:plain

 

最初は魔法のモルトと書かれた。

旧ボトル、確かにあのココナッツミルクのような香りは、

印象的だった。

f:id:BARin:20150713000532j:plain

 

そして、何年も前から色合いもこれだけ違う、

ので、改訂版の次の改訂版からは、

色合いの項目が無くなっている。

f:id:BARin:20150713000855j:plain

 

まあ、これだけ色が変われば、

どうしょうも無いのだが、

新ボトルになってからは、

安物の香水、石鹸等とかなり酷評とも取れる評価だったが、

それも、それで特徴の一つだと、

私は捉えていたが、

 

今回の「エドラダワー

その安物の香水、石鹸等と言われる。

パフューム香、

それが押さえ込まれている。

 

ウイスキーを象徴するかのようなウイスキー、

全てを程よく揃えている。

何だこれは?

 

 

実はこれ、蒸留器を洗浄したところ、

パフュームが消えたと言う、

しかし、ここまで変わるものなのか、

洗っただけで、

ウイスキーとは実に繊細な物なのだと、

改めて思った。

完全に様変わりした「エドラダワー」を如何ですか?

f:id:BARin:20150724214118j:plain

 

その逆に恐ろしいぐらいの、

パフューム香では無く、

香りを通り越し、

パフューム味がする。

f:id:BARin:20150712234838j:plain

エドラダワー30年」1973年

あなたの辞書に新しいページが増えますよ!

 

*お知らせ

8月13日(木)~8月15日(土)の三日間、

ささやかながら15周年を開催します。

ご来店の方にはBARinオリジナルコースター3枚セット、

三日間の先着5名様に、

スパークリングワインか赤ワインのフルボトルを、

プレゼント致します。

お時間のある方は是非!

お待ちしております!

 

尚、お祝いのお花は店が狭いので、

ご遠慮頂いています。

甲子園100年

戦後70年

BARin15年・・・

 

私にお金は入りませんが、

記事を読んだらクリックお願いいたします。

 

 

 にほんブログ村 酒ブログ バーへ

にほんブログ村