黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

何年経っても・・・

この前の書いたが、

BARでの「お勧め」は駄目だと、

しかし、色んな方から話を聞くと、

面倒臭いから「はいはい」と出すお店もあると、

ん~、そうしょうかなぁ・・・

 

 

つい先日も、女性客がなかなか注文してくれない、

そして案の定「お勧めを」

初めて来てそれは無いだろうだが、

まあ、もう慣れて来た。

一目でその人の好みがわかる筈が無い、

細木数子さんでも難しいだろう、

たとえ一つでも良いので、

キーワードをヒントを頂きたい、

こういうのを日頃飲んでる。

こういうお酒が好きだとか、

折角来て頂いたのだから、

自分に合った物を飲んで頂きたい、

 

 

しかしこの方長身で、

日本人形のような顔立ち、

しかもセンスの良い服装、

ん~、実に勿体無い、

 

 

こんなに美しい女性なのだ。

ギムレットタンカレーで」

「ソルティードックをハーフムーンで」等と、

すらっと注文すればカッコ良いのだが、

実に残念だ・・・

 

 

面倒臭いが仕事だ。

「なかなかお勧めと言うのは難しいですね」と言うと、

「甘いのは嫌です」

だから、それを言ってくれって、

「ジンだけは駄目です」

だから、それを言ってくれって言ってんだろう、

と、心の中で声を荒げた。

 

甘いのが駄目、

ジンが駄目と見ただけでは解る人など居ない、

いくらキャリアを積んでも、

無理なものは無理だ。

多分、こういうやりとりが面倒臭く、

「お勧めで」と言って、

さっと出てきたら、

 

 

カッコ良いと勘違いしているのだろう、

バーテンダーとのやりとりもBARでは値段のうちなのに、

それで私が甘いジンベースのカクテルを作ったら、

どうするんだろうか?

 

 

謎だ・・・

その前の女性は、

数種類しか書いていない、

メニューを穴が開くほど見ている。

だ、駄目だこれは、

その所作だけで、

全く解っていないのが解る。

 

 

すると「ミントジェロップ」と言った。

いや、それはいけない、

すぐに解った。

どういう物か解らず、

名前で頼んでいる。

止めようと思ったら、

 

 

一緒に来ていた男性が、

「ミントジェロップは美味しいよ」と、

あ~あ・・・

もう、私は何も言えない、

君、この女性は「ミントジェロップ」の正体を解っていない、

男性に恥をかかす事も出来ないので、

 

 

仕方ない一番飲みやすいバーボンで、

で、シロップも多めに、

そうだ。

この時丁度店の前に植えてあるミントの花が綺麗に咲いていた。

それを採って来て、グラスに飾った。

が、何をしても無理だろう、

このカクテルはほぼバーボンのロックに近い、

案の定、一口、

 

「うっうぇ・・・」

「うっえっ」

「うえうえっ」

 

 

帰るまでその女性は、

「うぇうぇっ」と言っていた。

ウイスキーが全く飲めないようだ。

 

 間違った物は作っていないのだが・・・

 

 

悲しきカクテル「ミントジェロップ」

悲しきバーテンダー「俺」

 

 

こういう事の無いように、

解らないなら、解らないと言いましょう、

恥ずかしがらずに!

 

 

*お知らせ

8月13日(木)~8月15日(土)の三日間、

ささやかながら15周年を開催します。

ご来店の方にはBARinオリジナルコースター3枚セット、

三日間の先着5名様に、

スパークリングワインか赤ワインのフルボトルを、

プレゼント致します。

お時間のある方は是非!

お待ちしております!

 

尚、お祝いのお花は店が狭いので、

ご遠慮頂いています。

高校野球100年

戦後70年

SION30年

BARin15年・・・

 

私にお金は入りませんが、

記事を読んだらクリックお願いいたします。

 

にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村

 

 


コンクリートリバー '87 - YouTube