黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

酒通信 何だこれは・・・

いつもは先着順だった。
ニッカのシングルカスクウイスキー
NHk「マッサン」の影響で応募が殺到したのか、
まさかの抽選に、
抽選と言っても買う権利が貰えるだけで、
タダでは無いのだが、


その一本2003年シングルカスク宮城峡を、
499本限定を引き当てた。
しかし、この価値観が解らなければ、
ただの高い酒になってしまう、
まずは宮城峡とは?
シングルカスクとは?
499分の1とは?


私達の仕事が大変なのがそこだ。
価値観の解らない人には、
全く解らないだろうが、
この意味が解る人には、


徳川埋蔵金のような存在、
天と地の差がある。
樽は1樽事に味わいが違う、
故にこの一本は、
499本が消費されれば、


二度と出会うことが無い、
その一本が大阪は大正区の下町の、
辺鄙な場所の小さなBARにある。


ウイスキーマニアなら駆け付けるだろう、
が、誰も来ない・・・
と、思っていたら、


絶滅危惧種に等しい、
当店常連氏が一人、
K−太君がニコニコしながら、
やって来た。


目当ては勿論シングルカスク宮城峡、
当店のシステムは、
オークション以外は、
お客様にヴァージンショットの権利がある。


故に誰かが開封してくれないと、
私も飲めない、
その時、少しバタバタしていたが、
K−太君にお出しして、


あれこれと動いていた。
暫くして彼の顔をふと見ると、
血の気が引いている。


な、何があったのだ。
少し落ち着き、
私もテイスティンググラスに、
数滴垂らした。


ぐっ・・・
な、何だこれは・・・


ぐったりして出て行くK−太、
大都会のはぐれカラスのようになっていた。


それと入れ替わりに、
若きウイスキーマニア、
バーテンダーに憧れる。
カズヤ君が来た。


そわそわしている。
お目当てはやはり、
シングルカスク宮城峡、
K−太君とは少しリアクションが違う、


飲み干した後も、
何度も、何度も、グラスを匂っていた。
しまいには、
「このグラス持って帰っていいですか?」


と、言った。
それは駄目だ。
「明日の朝、早いんです」
と、言いながらも、


まだグラスを匂っている。
そんなに気に入ったのか・・・
と、賛否両論、
嗜好品全開の逸品、


早くしないと無くなりますよ!
しかしお二人とも、
これに救われましたと、



濃厚チーズ、
ミモレット22ヶ月熟成、


確かに私も同意見だ。


な、何だこれはと必ず思う、
「シングルカスク宮城峡2003」


後悔先に立たずにならないように・・・