黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

絡むために来る人・・・

先日、ウイスキーを覚えたいと、
若い人が次々と来店、
一人終わると、
又一人現れ、
それが終わると、
又一人、
そして又一人、


同じ事を一日で何度も話した。
疲れたが、そういう苦労は大歓迎だ。
百倍疲れるのは、
意味不明な理不尽な絡み、


雨の日曜日だった、
前半から、強烈な個性の方々が、
何度も同じ事聞く人たち、
まあ、若い方達とは違い、


本気で覚えようとはしないので、
そうなるのだが、
まあ、それもそれで良い、


魔の0時過ぎ、
ここが地獄との分かれ道、
来た!
泥酔・・・


何度も来るおばさん、
前回はブルーチーズを知らなかったようで、
注文して不味いとキレた。


今回はその復讐のようだが、
意味が解らない事で絡んでくる。

「私は還暦や」
「はあ」
「ババアやおもっとるやろ!」
「いえ、別に」
「私は人を裏切らない」


それは良いのだが、
人に迷惑を与えている。
「ちゃんと聞け!私は本物やぞ!」
本物の意味が解らない・・・


「ところでお前は誰や!」
「私はマスターですが」
「違う!偽者や!」
「いやいや、いつも私ですよ」


「前のマスターは死んだのか?」
「・・・・」
「前のマスターは死んだのか?
「・・・・」
このままの会話が約一時間続いた。


後、30分続いたら呼吸困難で、
本当に死んでしまうとこだった。


いつも不思議に思うのだが、
こういう人が多々居られるのだが、
それが楽しいのだろうか、


そして最後にお金を投げつけて帰る。
いつまでもこんな事が続き、
これが仕事と言うのなら、
もう、辞めても良いのでは無いだろうか、

それか動画に撮ってネットに流そうか、
凄いアクセスが来て、
なんか儲かりそうな気がする。
まあ、神に祈ろう、
絡まれない日々が来る事を・・・


まあ、無理か・・・