黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

何時辞めようか・・・

もうすぐ15年、
下町で何を怒っているのか、
解らない、おばさん、おじさんを相手にして来た。


何故、怒られてるのか、
私は全国にあるBARと言うお店を出しただけなのだが、
この大正区と言う町では初めての事だった。
BARが何か、BARではどう楽しむのか、
そう言う事が全く解らない人達が押しかけ、


意味の解らない事で怒り出す毎日、
女性が居ない、
値段が高い、
何でもいい、
早く出せ!


BARと言う文化がここまで浸透していないのか、
愕然とした。
一番多いのは何故チューハイが無いのだ。
BARですから・・・


消費増税後、苦しい毎日を送っている。
あれは無いのか、
これを入れてろ、
俄かBAR通を気取った人達にそう言われ、
購入したら来なくなる。


お客さんは気まぐれ、
解ってはいるが言われると、
買わなければ又怒る。


しかし、全く来なくなれば、
全てはデットストック、


商売としてのBARなのか?
生きがいとしてしてのBARなのか?
サントりーなのか、
ニッカなのか、


それでも頑なに、
今まで貫いてきた。
もう、そろそろ私の役目も終わったのでは、
最近、そう思う、
この町で味わうお酒と言う文化に辿り着くには、


まだまだ何十年と掛かるだろう、
そういう虚無感の中、
昨夜、凄い事が起こった。


     つづく・・・