黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の小さなジガーBAR「BARin」の日記 

ともお・・・

団地でダンダンダダダー!
団地ともお」をご存知だろうか?
NHKで放送されているアニメなのだが、
何気なくや、ボーッと観ていただけなら、
気づかないが、このアニメが凄い、


私は絶賛している。
作り手の知能の高さが垣間見える。
原作は「小田 扉」(おだ とびら)氏、
私より10歳ほどお若い方なのだが、
100歳を超える高僧では無いのか、
そう思わせる時が多々ある。


団地に住む普通の小学生「ともお」を通して、
面白おかしく描かれているが、
直球や変化球、色んな球種で、
実は道徳とは何かを投げかけて来る。


しかも、決め付けや押し売りではない、
あくまで見る側の判断に委ねている。
友情、家族、仕事そして死とは何か、


私はこの作品で初めて死とは何かが解ったような気がした。
第何話だっただろうか、
ともおの担任の先生の恩師に死が訪れる。
担任の名は「本田育江」先生、
若い時代は不良で、
回想シーンでは手に鎖鉄球を持っている。


それが恩師のお陰で更生し、
教師になる。
その恩師の死なのだが、
これには前フリのような作品がある。
確か「道徳をなめるなともお」だったと思う、


本田先生は授業で行き詰ると、
この入院している恩師に会いに行き、
アドバイスを貰う、
そしてこの回もまた死とは何かを、
生徒に上手く説明出来ず、
恩師を訪ねるが、


恩師は自分の死期を悟っていた。
ある日ともお達のクラスの校外写生の公園に、
恩師が現れる。


その数日後、恩師は亡くなる。
本田先生は葬儀の日、
ともお達を連れ、
恩師と会った公園に行く、


そこで恩師が亡くなった事を告げるのだが、
ともお達は一度しか会っていないので、
あまり悲しみが伴わない、
しかし本田先生は何十年と言う、
恩師との交流から、
悲しみは強い、

この温度差、
これは関わりの深さの度合い、
人の死、その悲しみを増大させるのは、
生きているあなたの心では無いのか?


受け止め方は人それぞれだが、
そう問いかけているのだと、
私は思った。
数年前、多くの知り合いを次々と亡くした。
多くの方と多くの関わりを持ち、
多くの思い出があった事が、
私の悲しみを限りなく大きくさせた。


それから、こういう仕事でありながら、
関わりを避け出した。
私自身も気付いていたのだろう、




しかし、人との関わり合いが無ければ、
生きていけない事も確かな事である。

団地ともお」↓
http://www9.nhk.or.jp/anime/tomoo/