黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

幸徳秋水の墓が大阪に・・・

龍馬暗殺の謎、
郡山藩士の活躍、そして土佐十一烈士等を書いてきたが、
書けば書くほどアクセスは下がり、
店は暇になるのだが、
元々BARの無い町にBARを出す等、
自虐的な人生を歩んできているので、


性格だと割り切ろう、
そこで「大逆事件
幸徳秋水」を取り上げたのだが、
元々歯槽膿漏はあっても、
思想の欠片も無い私に語る価値など無いのだが、


一点、妙な記述を目にした。
幸徳秋水の墓が以前あったと、
それが大阪は西区の「竹林寺


では何故、
秋水の墓がこの寺にあったのか、
その経緯が知りたく、
悪戦苦闘の日々、
関係者の数は膨大、
次々と色んな方が出てくる。


これは人生の何分の一かを失いそうだ。
そこで、聞きに言った。
向かうは「竹林寺


中に入りインターホンを押した。
これは堺は「宝珠院」と同じ・・・
住職は不在のようだったが、
多分奥様かと思われる上品な年配の女性が対応してくれた。


幸徳秋水の墓があったと聞いたのですが」
「はい、ありましたよ」
「・・・・・」

あったのか本当に、
無かったことを祈っていたのだが、
そうなると何故?

「それが解らないんです」
「・・・・・」


解らないのか・・・
「誰が立てたのかも解りませんか」
「それも解らないのです」
「・・・・・」


これ余計に大変な事になった。
検索の虫が騒ぐ、
私は「竹林寺」違いなのではと思っていた。
大阪は千日前にもあった「竹林寺
四国は高知にもある「竹林寺


いや、各地にもあるのだが、
寺違いかと思っていたのだが、
ここのようだ。
そして何故何も解らないのか、
これを見れば解るのだが、
昭和24年3月未明、

そう大阪大空襲だ。
これで全ての書類が焼失している。
確かにこの寺には「焼け地蔵」と言う、
右手がなく黒く変色した地蔵さんがある。
そしてその時、悲劇が起こる。
松島の遊女、勝手に外に出れない遊女達、
何と三百名近くが焼死し、
このお寺で荼毘に付されている。


この寺も又、戦争を戦ってきたのだ・・・


話しを戻そう、幸徳秋水の墓があったと、
が、遺骨が眠っていたとは考えにくい、
多分遺品なのでは、


では何故高知に移したのか、
「見つけられた方が高知に持っていた方がと、
25年か30年か前に・・・」


それもよく解らないようだ。
が、親切に対応して頂き、
ありがとうございました。
この場を借りてお礼申し上げます。


が、しかしその日から又、
パソコンと一体化している・・・


何故「幸徳秋水」のお墓が大阪は西区の「竹林寺」にあったのだ。
そして誰が建てたのだ。
秋の夜と同じように謎は深まるばかりだ・・・


会話の中で奥様が言われた「ただひっそりとあったのです」の一言が、
妙に胸に詰まった・・・


↓お手数でなければ押して下さいね!
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村