黄昏ウイスキー  TWILIGHT WHISKY

大阪は京セラドーム前の小さなジガーBAR「BARin」の日記 

暇な夜は続く・・・

暇な夜は続くが、
何かとやる事はある。
と、言うかやる事を探している。


そこで裏に眠っていたギターを出して来た。
そうだこれ、修理に出そうと思いそのままだった。
いや、修理は高いので・・・
そこで、ネットを調べて、
これを購入!
弦やピン、

そして、

ペグ、これはこうして、
丁寧に交換していく、


30分経過・・・

交換完了!


飴色の「アルバレズ」は復活した。


このギター面白い音が出る。
妙に余韻が続く、
ギターもほんとに様々な音が出る。

ん?それってウイスキーのような、
ではこの「アルバレズ」
シングルモルトで例えると、
これか、

「ロイヤルロッホナガー」
では最近使っている。
ナッシュビル」単板で豪快な音が出る。
ならこれか、

タリスカー


最近この70年代や60年代の日本のコーピーギターの評価が高い、
化けると言うのだが、
これは長年の年月の経過により、
音色が変わると確かにブログ等に書かれている方が多い、

しかしくじ引きと同じ、
当たり外れがある。


そしてもう一本、
「トプソン」
これは音こそ響かないが、
弾き易い、初心者向き、
なら、これか、

「カデュー」

しかし安いギターばかり・・・
が、高いギターがあっても、
弾きこなす腕が無い・・・


↓お手数でなければ押して下さいね!
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村