黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

待つ人達・・・

何かを待つ人達、
もう、いい加減遅い、
が、ただひたすら帰らない、
待ち続ける人達、


「もう、閉店です」
と、言ってもニコニコして、
「お代わり」と言う、
最近来られた方に多い、


何を待っているか、
勿論、女性・・・
が、来たところで、
話しもしないで、


ふ、ふ、ふ、ふっ〜、
と、薄気味の悪い、笑みを浮かべているだけ、
話しかける勇気も無い、
なら、何故帰らないのか、
女性が話しかけてくれるのを待っている。


そんな気味の悪い人には、
誰も話しかけない、
で、時間が止まったような空間だけが残り、
私は軟禁状態、


「もう、遅いですよ」
と、言うと、
「明日休みですから」


私は仕事だ・・・


先日も、顔の青ざめた青年が一人、
居座っていた。
仕方ないので、
「女の人は、もう来ませんよ」
と、言うと、


「いや、いや、僕はお酒を味わってますから」
と、一杯のビールを30口ぐらい掛けて飲んでいる。
確かに凄い味わい方だ。


話しかけないと話さない、
草食系男子、
じっと、座っている。


どんどん時間は流れて行く、
多分、彼と私とでは時間の価値観が違うのだろう、
仕方ない、奥の手を使おう、


「駅の向こうに、女性客だらけの店があるのだが」
いきなり、彼の目が光った。


「そんな店あるんですか?でも、もう遅いから」

「いやいや、今から仕事終わりのホステスさんだらけになりますよ」

そわそわしだした。

「え、駅の向こうですね、チ、チェックして下さい」

「はい、ありがとうございます」


扉を開けた青年は、小走りだった。
いくら、女性が居たところで、
気味悪がられるだけなのだが・・・


夢に、いや夢精に向かって青年は走って行った・・・


いくらお酒を揃えても、
いくら知識を蓄えても、
若い女性には勝てない、
そんな町でBARを営む、
変人の私・・・・


↓お手数でなければ押して下さいね!
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村