黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

酒通信 上級者モルト

ラフロイグ」や「アードベック」等を、
よく上級者モルトと言う、
確かに本にも、そう書かれている。
この為、大きな間違いが起こる。


こういう方が氾濫するようになった。
「私は多くのラフロイグを飲んで来た」
と、「アードベック」もそうだ。


勘違い・・・
これは、私達バーテンダーや、モルトの解説書を書いている方々の、
責任だろう、
ラフロイグ」や「アードベック」を飲めたら、
上級者だと勘違いされている。


アイラモルトに関して言えば、
正露丸のような香りがするでしょう、
イソジンのような香りがするでしょう、
消毒液のような・・・


鼻に穴が開いている方なら、
誰でも解る。
そして、苦手な方でも、我慢すれば誰でも飲める。
そして感想は、
強いですね、パンチがありますね、


月並み・・・
飲めるから上級者では無い、
理解出来ての上級者なのだ。


そうなると、繊細なスペイサイドモルト等、
表現が難しくなる。
アイラモルト等の強いモルトを、
これは、凄いですよ、強いですよ、
と、言うと皆、目の色を変えて飲む、
何故なら、飲めたら上級者になれると思っているからだ。


が、スペイサイド等の繊細な物を飲むと、
口を開けてポカンとして、首をひねっている。
頭の周りには????が浮いている。
表現の仕方が解らないのだ。


強いか、弱いか、二つに一つ、
ただの「僕強い酒飲めたよ!」の
喜び・・・


ただの勘違いだ。
しかし、確かに本に書いているような、
テイスティング内容は解らなくも無いが、
外国の方、関東の方、
飲まれる方によって、
食文化が違う以上、表現、評価は変わるはず、


どこの家のカレーも、肉じゃがも味が違う、
例えば、我が町には「ホルモン焼き」と言う、
B級グルメがあるが、
これは焼肉屋さんにある「ホルモン」とは、
少し違うもので、
基本、豚の腸なのだが、


子供の時からよく食べていたら、
オイリーなモルトに、
このホルモンのレバーの脂を感じた事が多々ある。
が、我が町以外ではその表現は、解らないだろう、


まあ、そういう事で、
自分自身がそう感じたなら、
それでいいのだが、
やはり基本的な事だけでも、
理解して欲しい、


何度も言っているが、
モルトの真髄はスペイサイドにあり、
繊細で柔らかいモルトを感じられ、
理解できる事が肝要で、


強いモルトを飲めたら、上級者では断じてない、
と、私はそう思う、
例えば、恐ろしいぐらいの華やかな香りを、
あたり一面に放つ、


こういうモルトも今一度飲んでみたら、どうですか、
まるで精霊達のお祭りのような香り、


必ず驚く、華やかさ、
「トミントール 33年」

もう一度言うが強いモルトを飲めたら、
上級者では無い、それなら我慢大会の優勝者が、
上級者と言う事になる。

↓お手数でなければ押して下さいね!
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村