黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

初夏の出来事・・・

買い物があり、久し振りに車を出した。
これだけ不景気になるとガソリン代もままならない、
が、まあ、仕方ない、
我が町の真ん中あたりに大きなシッピングモールがある。
そこで、買い物を、
帰りに同じエリアにあるスーパーに、



あれこれと、夕暮れ時、
少しお腹も空いたので、
お弁当でも買おうかと、
すると天丼が、290円、
魅力的だ。


しかし、以前食べた事があるが、
それなりの味だ。
すると、鮮魚コーナーに、
違う天丼が、380円が290円に、
かなり魅力的だ。


それを、手に取りレジへ、
車で食べようと、
しかし天気が良い、
ベンチで食べようかと、
腰掛けた。


すると箸が無い・・・
面倒臭いが、又、レジに戻った。
お茶を買い、改めてベンチに、
こんな事はしてはいけない、
北新地の時、年上の黒服の方に、


安い食堂に入っているのを見られ、
注意された。
ここは見栄の世界、
夢を売る場所、バーテンダーとは言え、
そんな安い食堂で食べていたら、
お客様の夢を壊すと、
いつも、どこで誰が見てるか解らない、


確かにそうだ。
現実、そうだった。
北新地の中に出来た安いチェーン店の食堂、
すぐに閉店・・・
客が来なかったようだ。


そういう事もあったな、
あの人どうしてるかなぁ?
あの人も、この人も、
急に来られなくなるお客さんも多い、
転勤で引越し、結婚、等など、


その時だった。
天丼をあれこれと探す時間、
箸が入っていなかった事、
全てこの時間に合わすような出来事が、


ベンチで腰掛ける私の前に、
奥様が、自転車に子供を乗せ、

こちらを見た。
ん?
ええーっ!


それは、ミナミに居る時からよく来てくれていた。
スナックのママ、
6〜7年ぐらい前から、
全く来られなくなった。
どうして居るかと、


思っていたら目の前にいる。
しかも、子供が・・・
結婚したんだ・・・
思わず、腰が浮いて近づきそうになったが、
それは、駄目だ。
暗黙のルールだ。


女性の場合、昔よく行っていた店等を、
旦那さんに話して無い事もある。
しかも、子供が既に5歳ほど、
話しが出来る。


夕飯の時、
あの男の人、誰?
等と話したら、ややこしい事になる。


話しはしたいが、やはり堪えた。
この仕事の宿命だ。
何度かこちらを見ていたが、
何も無かったように、
立ち去った。


この町にいるのか、
驚いたのと、
ベンチで安売りの天丼を食べている私を見て、
どう思われただろうか、
それが気になる・・・



しかし後姿を見ながらこう思った。
あの親子の歩く道がこれからも、
晴れている事を心から願うと・・・


ミントの香り漂う、
初夏の出来事だった。
幸せそうで良かった・・・


↓お手数でなければ押して下さいね!
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村