黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

粋と粋

昨日「あまちゃん」の事を書いたら、
あまちゃん」を甘い考えを持つ人と言うのは、
関西だけでは無いと指摘された。
じぇじぇー、そうなのか、
そしてあのドラマ自体にも、
そういう意味合いもあるのではと、
じぇじぇじぇー、
そうだったのか・・・


しかし、これは関西だけだろう、
少し前だった。
当店の物知り王、
バタヤンさんが一人、
いつものように飲んでいた。


その時、「粋」の話しになった。
「粋」(いき)なのだが、
ご存知だろうか、
関西では「粋」と書いて(すい)と読む事を、


それから何人かに聞いたが、
皆、知らなかった。
その「粋」(すい)なのだが、
正確には「粋」(いき)とは違う、
の、だが・・・
私も、バタヤンさんもはっきりと違いが言えなかった。


で、調べてみた。
現在では同じような意味合いになっているようだ。
「粋」(いき)+「粋」(すい)=「粋」(いき)
のようだが、元々は違う意味で、
関東の「粋」(いき)は男意気や意気込みの「意気」が強く、
男女の恋愛などでも、
一定の距離を置き、突き詰めない、
さりげなくのような感じだろうか、


それに対し関西の「粋」(すい)は、
美意識に対して突き詰める。
なので、恋愛などの延長上に「心中」がある。


着物等も豪華絢爛な物に使われる。
読みのごとく「純粋」の「粋」(すい)なのだろうが、
すごくややこしい、
又、関西にはもう一つ「雅」(みやび)がある。
「雅な方」「雅な男」


そして関西の「粋」(すい)には、
「粋人」(すいじん)と言う言葉があるが、
関東の「粋」(いき)には「粋人」(いきじん)と言う言葉は無い、
代わりでは無いのだが「通」(つう)と言う言葉があり、
これは字のごとく、精通した人、
所謂「食通」等に使われる。
「通」には「通人」(つうじん)と言う言葉がある。


だからそれが何なんだと言われたら、
言葉が無い・・・


いや、まあ、関西文化も大事にしようと言う事、
お笑いだけが先行し過ぎて、
「粋」(すい)等の言葉が、消えつつある。
淋しい話しでは無いですか・・・


私は何でも突き詰めないと気がすまないので、
やはり「粋人」(すいじん)なのか、
が、「心中」には全く縁が無い・・・

↓お手数でなければ押して下さいね!
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村